プライバシーマークとは、個人情報保護に関して一定の要件を満たした企業に対し、
一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) により使用を認められる登録商標(サービスマーク)の事で、
Pマークと略して呼ばれています。
一定の要件とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に従って、
個人情報保護について体制を整備した企業を審査機関が審査を行い、
審査に合格するとプライバシーマークの使用が認められるというものです。

 

iplogo

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC)によれば、その目的は
・消費者の目に見えるプライバシーマークで示すことによって、個人情報の保護に関する消費者の意識向上を図ること
・適切な個人情報の取扱いを推進することによって、消費者の個人情報の保護意識の高まりにこたえ、社会的な信用を得るためのインセンティブを事業者に与えること
とあります。
つまり、プライバシーマークの目的は、
個人情報保護の仕組みをきちっと作り運用していることを第三者が認めたマークを付けることで、外部(取引先企業や個人)にそれをアピールする
ということです。