顧客管理を CRM で行うとどんなメリットがあるのでしょうか。

顧客の情報をCRMで管理する

顧客管理とは?

顧客管理とは、顧客の氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレス、役職などの基本情報から、それぞれの顧客とのメールのやりとり、商談、見積書、請求書などの活動の履歴情報までを管理することです。

多くの企業では、こうした顧客情報をExcelやスプレッドシート、メーラー、フォルダ、紙などさまざまな形で異なる場所に保管・管理していますが、果たしてそれは効率的な管理方法と言えるでしょうか。管理方法が多岐にわたっていると、確認作業に時間がかかるだけではなく、ミスや漏れなどの問題も起こります。

脱アナログ管理で得られるメリット

顧客管理をCRMで行うことで、多くの企業が抱える顧客管理に関する課題を解決できるメリットがあります。

  • 顧客情報を瞬時に可視化する
  • あらゆる顧客情報が一元管理されるため、探しやすい
  • セールスプロセスにおける活動情報を瞬時に可視化する
  • 複数のファイル、媒体への記入作業を一本化する
  • 顧客情報を集約しながら自動整理するため、管理コストの大幅な削減につながる

顧客情報をCRMに登録して管理業務を大幅に効率化!

Zoho CRMで顧客管理

Zoho CRMの顧客管理フロー

CRMで管理する顧客情報は、「見込み客」、「取引先」、「連絡先」の3つに分類されます。

見込み客:まだ購入には至っていないが、これから購買につながる可能性のある顧客のこと(これから客・リードとも言う)。
取引先:商談が開始された、またはすでに購買に至った取引先の企業のこと。
連絡先:取引先企業の連絡担当者のこと。連絡先は取引先の企業情報に関連付けられる。

Zoho CRMでは、これらの顧客情報を以下のフローで管理します。

※BtoCの場合は、取引先は不要となり、見込み客が連絡先に変換されます。

Zoho CRM の顧客管理機能

Zoho CRM では、見込み客を的確なアプローチによって商談へ導いて獲得し、受注した後も顧客満足度を上げるための情報分析によりタイムリーにフォローすることが可能になります。こうした新規顧客の開拓から長期的な信頼関係の構築までをZoho CRM の多彩な機能がサポートします。

見込み客の管理機能:見込み客を的確に商談へ導く

Zoho CRM では、見込み客を的確なアプローチによって商談へ導いて獲得し、受注した後も顧客満足度を上げるための情報分析によりタイムリーにフォローすることが可能になります。こうした新規顧客の開拓から長期的な信頼関係の構築までをZoho CRM の多彩な機能がサポートします。

連絡先・取引先の管理機能:顧客とゆるぎない信頼関係を築く

Zoho CRM では、見込み客を的確なアプローチによって商談へ導いて獲得し、受注した後も顧客満足度を上げるための情報分析によりタイムリーにフォローすることが可能になります。こうした新規顧客の開拓から長期的な信頼関係の構築までをZoho CRM の多彩な機能がサポートします。

商談の管理機能:商談を可視化して受注率アップ

主に商談の商品や金額を管理することを商談管理とみなしている企業は多くありますが、商談管理に CRM を利用すると、商談の結果を管理するだけでなく、商談の過程で接した顧客の反応を含め、結果に至るまでの経緯も管理します。これにより、受注できた商談、失注した商談からそれぞれその要因を探り、今後の商談の受注率向上に活かすことが可能になります。

顧客管理の効率化に役立つその他の機能:デジタル改革で営業業務を便利に

ビジネスを成長させるためには、顧客との間に長期的かつ良好な関係を構築する必要があります。顧客とゆるぎない信頼関係を築くには、手間と労力を長期的にかけ続ける必要があります。 具体的には、顧客からのメールを見逃さない、過去の取引状況やその経緯などを詳細に記録して参考にできるように管理するなど、さまざまな対応が求められます。アナログ的な管理方法では、取引先が増えるにつれて、一人ひとりの顧客への対応品質を維持することが難しくなり、取引先と信頼関係を構築するのが困難になります。対応品質を向上させるには管理工数がかかる一方で、品質管理は売上に直結する活動ではありません。そこで企業に求められるのが、顧客管理業務の効率化です。顧客管理業務をデジタル化すれば、複雑で多岐にわたる顧客情報を効率的に管理できるようになります。

Zoho CRM は顧客管理機能が充実しており、商談のステージに合わせた対応が可能になります。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら