メルマガは何のために配信する?

最近メルマガが多く配信されています。いくつか購読しているという方も多いのではないでしょうか。

メルマガとは、メールマガジン、つまり、メールで購読者に定期的に配信される情報誌です。

メルマガには、顧客と接点を持つために定期的に情報を配信して顧客に関心を持ち続けてもらう役割があります。これにより問い合わせの頻度を上げたり、商談数を増やすきっかけをつくりやすいため、よく使われる定番のマーケティング手法です。

メールアドレスさえ分かれば顧客に直接情報を届けることができ、見込み客からファンの獲得まで広く活用することができます。

メルマガを配信する目的

メルマガを配信する目的としては、主に3つあります。

見込み客の獲得

興味を持ってもらうため自社の商品・サービスをアピールするなど、 定期的に情報発信することで顧客から信頼を得る効果が期待できます。

  • 業界ニュースやトレンド、メディア情報、インタビューなど
  • 企業理念や思い、商品開発の過程
  • 基礎知識やノウハウの提供

販売促進

自社の商品・サービスのアピールや告知することで、販売促進を図ります。

  • キャンペーン情報、 新商品の紹介やセミナー情報の告知
  • 割引クーポンの発行
  • 商品購入者の口コミ
  • サービスの導入事例(成功事例やメリット)

単なる顧客からファンへの育成

既存顧客の継続利用・利用頻度アップのための情報提供をすることで、価格以外の部分にも価値を感じてもらい、競合他社と差別化する効果が期待できます。

  • 商品やサービスをよりよく活用するアドバイス
  • 利用者限定の特典

メルマガを配信するには?

メルマガを配信するにはいろいろな方法があります。

メールソフトの送信機能を利用する

一般的に広く使われているOutlookなどのメールソフトでBCC(Blind Carbon Copy)を使う方法があります。BCCで一斉に送信しても受信者に送信先のメールアドレスが共有されることはありません。しかし、情報漏洩や迷惑メールに判定されるなどのリスクがあるため、あまりおすすめはできません。

メルマガ配信の専用ソフトを利用する

パソコンやサーバーに専用ソフトをインストールして利用する方法もあります。この方法は自社のメールサーバーやパソコンを利用するため、それらの性能や仕様に左右されます。例えばメールサーバーに配信数の制限がある場合、メルマガ配信の頻度によっては通常のビジネスメールの送受信に影響を及ぼす可能性があるため、注意する必要があります。

クラウド型メール配信サービスを利用する

インターネットを介して提供されるサービスのメルマガ配信機能を利用します。クラウドサービスを利用するため、自社のビジネスメールには影響がありません。機能や配信数によって料金形態が異なるため、自社のメルマガ運用にあったサービスを選ぶ必要があります。

クラウドメール配信サービスの利点は?

HTMLメールエディタが使える

文字だけのテキストメールに対し、メールの中に画像やレイアウトを設け、ビジュアルやデザインで読者に訴求できるのがHTMLメールです。HTMLメールを作成・配信するには知識が必要です。

クラウドメール配信サービスの多くは、HTMLメールエディタを備えているため、そうした知識を持っていなくてもHTMLメールを作成することができます。また、サービスによってはHTMLメールが受け取れない場合にテキストメールを送信するマルチパート配信という機能を備えたものがあります。

効果測定ができる

メルマガは送りっぱなしではなく効果を測定することで、メルマガの運用をより効果的なものにしていくことができます。測定できる効果は以下のようなものがあります。

  • メールの配信が成功したかどうか
  • メールの開封状況
  • メール内リンクのクリック数
  • エラーになったメールアドレス

メールの配信結果を確認して整理することで、メールアドレスのリストを健全に保つことができます。例えば、エラーとなったアドレスを整理して、迷惑メール・スパムメールと判断されないよう対策します。

また、メールの開封率を把握すれば、件名や配信時間の見直しや改善を行うことができ、クリック率を把握すれば、メールの内容やレイアウト・画像など読者に好まれる傾向がわかり、メール作成のヒントになります。

CRMの見込み客リストを使ってメルマガ配信

メルマガの配信先リストを作成して管理することは、意外に手間がかかります。また、効果測定をした結果によりアドレスを整理していかなければなりません。

そこで、CRMとメール配信サービスを連携させることができるサービスがあります。CRMに登録された見込み客や既存顧客からメルマガの配信先を指定して自動配信をすることができます。効果測定の結果、整理するメールアドレスを配信先の指定を解除するだけなので、管理がしやすくなります。

メルマガの管理イメージ:Zohoサイトより

メルマガを配信して効果的にアプローチ!

TOKUBETU ~ Zoho One 導入支援 ~

トクベツチームが強力にあなたの会社をサポートします。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ&資料ダウンロード