業務で使用する情報はもちろん、最近は画像や動画なども業務で多く利用されています。これらのデータが機器の故障などで失われれば、企業にとっては大きな損失になります。

しかし、どうしても機器には故障がつきものです。データを確実に守りたい、でも、手間はあまりかけられない・・・そのような時にオススメなのが、ハードディスクを自動的に複製するミラーリング機能付きのストレージです。

ミラーリングは、RAID1という技術の別名です。この仕組みでは、同じデータを2本のハードディスクに書き込みすることで耐障害性を高めます。もし ハードディスク1本に障害が発生してもシステムは停止せずデータも失われないというもので、いわゆるバックアップとは目的が異なりますが、機器の故障による損失を防ぐためには便利で有効な技術です。


オススメのNASはこちら!

BUFFALO NAS スマホ/タブレット/PC対応 ネットワークHDD 6TB 【データを守るRAID1対応モデル】


ミラーリング機能で大切なデータを守ります。HDDが壊れたときに大切なデータの消失をしたくない方にオススメです。

  • 容量:6TB(2ドライブ) ※ミラーリング時、実際に使える容量は1/2になります。
  • インターフェース:有線LAN×1(Giga)、USB×1(2.0/1.1)
  • 主な付属品:ツメの折れないLANケーブル(2m)、ACアダプター