パソコンの容量が一杯になると、データが保存できなくなるばかりか、パソコンの動作が遅くなったり不安定になったりすることもあります。それを解消できるのが外付けHDDです。

外付けなので、つなぎ替えて別のパソコンでファイルを利用したり、データのバックアップ用として使うこともできます。

外付けHDDのメリット

・USBメモリやDVDなどのメディアと比べて大容量なこと
・万が一パソコンが故障しても、保存データを他のパソコンから利用できる
・パソコンデータのバックアップ先として利用できる
・パソコンを買い替えるときもデータ移行が簡単

容量の選び方

一般的に、利用しているパソコンの容量の2倍~3倍のものを選ぶと良いと言われています。例えば、パソコンの容量が500GBの場合、1TB~2TBのものを選べばよいことになります。購入予算があれば容量に余裕を持たせて、3TBのものを選んでおくと安心です。

目安

1TBで保存できるデータの目安は、高画質の写真を1枚5MBとすると約20万枚に相当します。また、1分の動画を100MBとすると約166時間保存できる計算になります。
価格の目安は、1TBモデルは約10,000~15,000円、2TBモデルは約15,000~20,000円です。

使用する目的、保存したいデータの種類や量に合わせて検討して下さい。


オススメの外付けHDDはこちら!

Seagate Expansion HDD 3.5
【 2TB 】

動作音が静かな仕様で、データ復旧サービス(Rescue)3年付だから万が一の備えも安心です。

  • USB 3.0で使用するには、USBポートおよびOS(ドライバ含む)がUSB 3.0に対応している必要があります。対応していない場合は、USB 2.0として動作します。
  • 付属品: USB 3.0ケーブル120cm、電源アダプタ

Seagate Expansion HDD 3.5
【 3TB 】


詳細は2TB に同じ

Seagate Expansion HDD 3.5
【 4TB 】


詳細は2TBに同じ

Seagate Expansion HDD 3.5
【 6TB 】


詳細は2TBに同じ

Seagate Expansion HDD 3.5
【 8TB 】


詳細は2TBに同じ

Seagate Expansion HDD 3.5
【 10TB 】


詳細は2TBに同じ

ポータブル

Seagate Expansion Portable HDD 2.5
【 1TB 】

軽量でコンパクト、しかも電源不要なので、持ち運びに便利です!

  • データ復旧サービス(Rescue)3年付で万一の備えも安心
  • 付属品:USB3.0ケーブル46cm1本。USBケーブルから電源を供給するため、外付の電源供給装置は不要です。