経営者やマネージャーは、ビジネスで行われる販売活動について分析をする際、分析する視点に応じてダッシュボードを分類し、各種レポートを作成・配置することにより、各指標を常に把握しながら活動を行い、必要な対策を講じることが可能になります。

ダッシュボード機能を活用して状況を正しく把握する

ダッシュボード機能を利用して作成できるビジネスレポートの例をいくつかご紹介します。

営業マネージャー向け

営業マネージャーは目標に対する進捗を常に把握し、影響を与える可能性を即座に察知し、対策を講じなければなりません。この時、全体的な目標金額に対する達成度だけではなく、その要因となる各営業担当者の販売成績状況や見込み客の獲得件数など販売プロセスの過程を考慮し、それぞれのステージ状況が一目で把握できるダッシュボードを作成するようにしましょう。

営業担当者向け

営業担当者は自身の販売成績はもちろん、チーム全体での進捗情報を把握することで、「今どのような状況にあるのか」そして「今後どのような活動を行わなければならないのか」を把握することができます。 こうした状況を把握した上で活動をすることは、必要な活動が可視化されるだけでなく、モチベーションの向上にもつながります。

マーケティング向け

マーケティングの活動では、見込み客を獲得し、商談化へと誘導するナーチャリングのアプローチが実施されます。そのため、マーケティング担当者は見込み客の獲得状況やナーチャリングの各ステージへの変換状況、そして商談化・売り上げへの貢献度を分析する必要があります。こうした状況を可視化することで、活動の最適化や広告宣伝予算の配分に活かすことができます。

Zoho CRM のダッシュボード機能で状況を正確に把握し必要な対策を講じる!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら