ユーザー/ライセンス管理を柔軟に

Zoho CRMのユーザー/ライセンス管理について

社内のメンバーの数が多くなるにつれ、CRM(顧客関係管理)の重要性は高まります。CRM システムを導入するメリットの1つは、複数のメンバーそれぞれが保有する顧客情報や商談情報を一元管理して共有し、業務を効率化できることです。

Zoho CRM では、企業のアカウント(組織)を作成し、そこにユーザー(メンバー)を追加して管理します。利用を開始する際は、はじめに企業で利用するユーザー数分のライセンスを用意し、ユーザーをアカウントに追加します。

Zoho CRM のライセンスには、3つの有料プラン(スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズ)があり、ライセンスを割り当てるユーザーの変更は自由に行えます。

Zoho CRM のユーザー管理のメリット

柔軟なライセンス管理
わかりやすいユーザー管理

各機能の詳細

らくらくユーザー管理

Zoho CRM では、既存ユーザーの管理と新規ユーザーの招待を一元的に行えます。ユーザーの管理画面には現在利用しているユーザーが一覧で表示され、各ユーザーの連絡先や役職、権限範囲などをすぐに確認したり、ユーザー情報をシンプルに管理できます。

ライセンスの有効化と無効化

Zoho CRM では、ユーザーライセンスの有効化/無効化を簡単に行えます。すべてのユーザー情報はユーザーの管理画面から一元的に管理できます。過去に無効化したユーザーを再度有効にしたい場合もワンクリックで簡単に行えます。また、保有するライセンス数が足りなくなった場合は、オンラインですぐに追加購入いただけます。

かんたんオンライン決済

画面右上に表示されるオンライン購入ページから簡単にライセンスを購入いただけます。
購入したライセンスはすぐにアカウントへ付与されるため、待ち時間なくスムーズに Zoho CRM をご利用いただけます。

Zoho CRM のユーザー/ライセンス管理なら社員が増えても情報共有がスムーズで管理も簡単!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら