組織設定をリアルタイムに一元管理

組織設定のカスタマイズとは

Zoho CRM を活用して組織の営業活動を支援するには、事業の運営に必要な自社の会計年度や役職、チーム割りなどを CRM に設定する必要があります。CRM に設定した情報は組織全体のアカウントに適用されるため、スムーズな運用が可能になります。

会社情報の登録

Zoho CRM には、ロゴや住所、電話番号などの会社情報だけではなく、主要タイムゾーンや通貨なども登録できます。
設定した情報は組織内のすべてのユーザー環境に適用されるため、書類の作成や売上管理がスムーズになります。

会計年度の登録

Zoho CRM には会社の会計年度も設定できます。開始月を指定するだけで四半期が自動設定されるほか、会計年度は売上レポートの作成時などにも適用されます。

営業時間・祝日の登録

営業時間や祝日が勤務地やチームによって異なる場合も、メインの営業時間はもちろん、各支店やチームごとの勤務時間や祝日を複数設定できます。これによりチームメンバーの勤務状況を明確に把握できるため、タスクの管理もスムーズになります。 ユーザーの役職と組織のツリー構造を設定してデータの共有範囲や操作権限などをコントロールし、顧客情報を適切に管理することができます。

ユーザーの役職とデータ共有の設定

ユーザーの役職と組織のツリー構造を設定してデータの共有範囲や操作権限などをコントロールし、顧客情報を適切に管理することができます。

Zoho CRM のカスタマイズ機能で組織設定をして営業活動をより柔軟でスムーズに!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら