売り上げにつながる顧客を判別して効率的な営業アプローチを

Zoho CRMのスコアリング機能とは

顧客に対してやみくもに営業アプローチを実施するだけでは成約率の向上は期待できず、営業のモチベーションも低下してしまいます。営業アプローチを効率的に行うためには、確度の高い顧客を見極め、そこに注力する必要があります。確度の高い見込み客を判別するためには、興味関心度の指標となる顧客行動に注目する必要があります。例えば、「案内メールを開封し、記載されたリンクをクリックした」「WEB サイトにアクセスし、料金ページを確認している」「SNSで投稿した自社のサービス案内に反応している」など、さまざまな行動が挙げられます。こうした行動から推察される興味関心度の高さをスコア付けして集計することで、見込みの高い顧客を判別できるようになります。Zoho CRM では、こうした顧客行動に対してスコアを加点・減点するルールを設定し、自動的に集計することが可能です。

Zoho CRM のスコアリング機能を利用するメリット

顧客の行動履歴を記録し、自動でスコアリングできる
スコアの減点を利用しジャンクリードを除外できる
アップセル・クロスセルの機会を逃さず察知できる

各機能の詳細

簡単スコアリング設定

WEB サイトへの訪問やメールの開封など、顧客のさまざまな反応にスコアを付与するよう設定できます。また、付与するスコアは重要度に応じて変更することができるため、より適切なスコアリングによる顧客の重要度の判断が可能になります。

優先的にアプローチすべき顧客リストを自動作成

すべての顧客情報から一定スコア以上の顧客のみを抽出したビューの作成が可能です。これにより、優先的に対応すべき顧客リストが自動的に生成され、効率的な営業アプローチを実施することが可能になります。

メールスコアリング

開封、クリック、返信など、送信したメールに対する顧客の反応に対してスコアを付与します。開封には5点、クリックには10点、返信には15点など、行動ごとに細かくスコアを設定することも可能です。

Webサイト訪問状況のスコアリング

WEB サイトへの訪問回数や滞在時間の長さなどのログ情報を CRM に記録し、スコアを付与することが可能です。また、料金ページのように興味関心レベルが高いと判断されるページの訪問には高いスコアを付与するといった細かい設定も可能です。

ソーシャルスコアリング

FacebookやTwitterなど、自社のSNSアカウントで行われた投稿についての反応(コメント、いいね、シェアなど)に対してもスコアを付与することが可能です。

スコアリングの減点

採用や広報のページを確認しているなど、売り上げにつながらない顧客の行動傾向を洗い出し、アプローチ対象に含まれないように大きく減点させることも可能です。

Zoho CRM のスコアリング機能を活用して戦略的に顧客アプローチ!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら