Zoho CRM導入支援 / ITコンサルティング

  • 052-228-0624
    受付時間:9時-18時(土日祝日除く)
  • 問い合わせ

経営のメリット

カテゴリ一 記事一覧

ゴールを設定して CRM で確実に到達する

ビジネスで目標を達成するためのプロセスをわかりやすく導き出す手法の一つとして KPI 設定があります。近年、 KPI マネジメントにより成果を上げている企業が増えていることからも、ビジネスにおいて有効な手法だと言えます。

Zoho CRM レポート・ダッシュボード活用法

ビジネスでは売上状況や純利益などの販売レポートはもちろん、コールやタスクの処理などの活動レポートなどさまざまなレポートを作成する必要があります。経営者やマネージャーはこうしたレポートに基づき状況を正しく分析し、戦略に活かすことが求められます。

Zoho CRM レポート機能の活用例

経営者やマネージャーは、ビジネスで求められる売上状況や純利益などの販売レポート、コールやタスクの処理などの活動レポートなどに基づいて状況を正しく分析し、戦略に活かすことが求められます。Zoho CRM のレポート機能で状況分析する活用例をご紹介します。

CRM は中小企業でこそ威力を発揮する

小規模な組織では一人でも欠けると体制が破たんするため、中小企業にとってCRMの導入は連携強化及び属人性からの脱却が大きなメリットとなります。顧客情報を会社の資産として活用できる体制が整い、教育にも活用でき、社員一人ひとりの力を伸ばすことができます。

CRM の MA 機能で売り上げアップを実現

顧客情報を収集して CRM のデータベースに登録された顧客の基礎情報に対してメールアプローチやアクセス履歴などを蓄積することで、商談化への効果的なアプローチプランを立てて実行するなど、マーケティング活動を自動化することが可能です。

CRM で属人化を解消して業務の標準化

属人化すると特定の担当者に大きな比重が置かれている状態で問題が起こりやすくなります。業務を標準化によりそうしたリスクを避けることができ、品質の維持、スキル向上、専門の人員が不在でも作業可能、ノウハウの蓄積や技術・スキルの伝承につながることなどがメリットです。

企業の営業活動に CRM が必要な理由とは?

顧客管理で困っていませんか?データが分散して集めた情報が必要な時に探せない、担当間で連携が難しい、顧客情報が持ち出せず書類対応が遅れる、営業の引き継ぎや育成に時間がかかる、他業務で営業に注力できない・・・その問題、CRM導入で一挙に解決!

顧客管理をエクセルでやるのは限界がある?

多くの企業が顧客管理に Excel などのスプレッドシートを使っていますが、顧客との関係性を管理するには運用上限界があります。現状把握や分析をリアルタイムに行えない、過去の進捗履歴が残せない、詳細レベルでの一元管理が困難などの弱点があり、きめ細やかな営業活動には不向きです。