商談が始まった見込み客を次のステップへ更新!

見込み客は商談が始まる前の顧客情報で、
Zoho CRM では「見込み客」タブで管理します。
この段階では、会社単位ではなく、人の単位で管理されており、
「連絡先」と「会社」の情報はまとめて「見込み客」タブに登録されています。

商談が始まると、会社との取引が始まることを意味し、
見込み客の会社の情報は「取引先」タブに、人の情報は「連絡先」タブに登録して管理します。

簡単な操作でデータを変換して登録できる

「見込み客」タブは、次のステップへ進める操作をすることで、
「取引先」タブと「連絡先」タブへそれぞれ「見込み客」タブの情報を引き継いで登録されます。

この時「商談」情報も同時に登録することもできます。

設定方法

  1. 「見込み客」タブのビューを開いて、商談が発生した見込み客をクリック(動画0:34
  2. 「見込み客」の詳細画面で右上の「次のステップへ」ボタンを押す(動画0:39
  3. 「見込み客を変換」画面で「この取引先に新しい商談を作成する」にチェックをいれると
    商談データも同時に作成することが可能(動画0:50
    商談を作成しない場合は、チェックしない
  4. 「次のステップへ」ボタンを押す(動画0:55
  5. 「見込み客」タブから「取引先」タブと「連絡先」タブに情報が引き継がれてデータが作成される
    上記3.でチェックを入れた場合は、「商談」タブにもデータが作成される

設定方法を動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。