CRM を導入することで期待できるのは営業担当者の機動力が上がることです。そのためには、いつでもどこでも CRMシステムにアクセスできる IT 環境でなければ意味がありません。そうした IT 環境を実現するのがテレワークです。

テレワークとは

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

「tele = 離れた所」&「work = 働く」

ICTを活用することで、自宅や外出先で作成したファイルをインターネットを通じて共有したり、テレワーク勤務者同士でビデオ会議をすることで、会社のオフィスで働いているのとほとんど変わらない効率で仕事を進めることができます。

ちなみに、リモートワークという言葉がありますが、リモートワークは「remote=遠隔・遠い」「work=働く」をあわせた造語で、テレワークの意味とほとんど変わりません。

テレワークは働く場所によって、大きく3つに分類されます。

① 自宅利用型テレワーク(在宅勤務)
② モバイル(リモート)ワーク
③ 施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)

自宅利用型テレワーク(在宅勤務)

働く場所は基本的に自宅で、パソコンやタブレット等のモバイル端末を使ってインターネットを介して会社と繋ぎ、仕事をする働き方です。

在宅勤務は、子育てや介護が必要なご家族がいるなど、家から離れられない人にとって大きなメリットがある働き方です。また、災害やパンデミックなどの影響で会社に出社することが困難になった場合でも、在宅勤務ができることにより事業の完全停止を避けることができるというメリットもあります。ただし、自宅での作業となると仕事に集中しにくいなど環境を整える必要があったり、作業状況を確認しにくいことなど、在宅勤務をする際のルール作りや準備が必要となります。

在宅勤務を採用するパターン

在宅勤務には主に2つのパターンがあります。

●終日在宅勤務:完全に出社することなく自宅のみで勤務する
 妊娠・育児・介護などの理由、身体障害、あるいはケガなどにより、恒常的または一時的に通勤が困難な人などが適しています。

●部分在宅勤務:午前はオフィス勤務、午後は在宅勤務など
 企画・総務・人事・経理などの管理部門、研究・開発部門の人、営業やSE、サポートサービスなどの顧客対応業務の人などが適しています。

在宅勤務のメリット

・育児や介護をしながら仕事ができる
・移動時間などが省かれるため、自由な時間を作りやすい
・ちょっとした呼び止めがなくなるため、作業に集中しやすい

在宅勤務のデメリット

・ビジネスとプライベートとの区別がしにくく、仕事に集中しづらい場合がある
・作業スペースを確保する必要があるため、家族の理解が必要
・自宅の通信環境を整備しないと生産性が落ちる可能性がある など

モバイルワーク

客先や会社と現場間を移動する間に、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使って仕事をする働き方です。いわゆる営業における直行直帰もこの分類になります。

モバイルワークは移動中、カフェなどでの休憩やクライアントとの打ち合わせなど、さまざまな場所で仕事ができます。また、隙間時間やその場で仕事が完結すれば、わざわざ会社に戻る必要がなく、効率よく訪問ができます。このように、頻繁に外出する業務や出張などの移動時間が発生する場合その時間も仕事の時間に充てられるため、無駄な時間がなくなり、生産性向上の効果が期待できるというメリットがあります。

モバイルワークを採用するパターン

出張が多いなど、直行直帰などが発生する営業やエンジニア

モバイルワークのメリット

・ペーパーレスによるコスト削減
・時間短縮における効率化

モバイルワークのデメリット

・コミュニケーションの不足
・通信環境整備におけるコスト高

施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)

勤務先以外のオフィススペースでパソコンやモバイル端末などを利用して仕事をする働き方です。

一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市部の企業は郊外にサテライトを置いたり、逆に地方の企業は都市部にサテライトを置いたりします。

サテライトオフィスの種類

サテライトオフィスには大きく分けると3つの種類があります。

●都市型:外回りの営業が帰社しなくても仕事ができるように主要拠点にオフィスを置く

●郊外型:通勤時間の短縮や介護・育児との両立を目的としてベッドタウンにオフィスを置く

●地方型: BCP(事業継続計画)対策や雇用の促進、自然に囲まれた環境でのびのびした生活の実現などを目的としてオフィスを置く

また、例えば自宅近くに他のオフィスがある場合、配属先のオフィスへは出社せず近くのオフィスで仕事をすることもできます。そこで、最近ではサテライトオフィスの他に以下のようなオフィスを用意している会社も多くなっています。これらは「サードプレイオフィス勤務」と呼びます。

・シェアオフィス
・モバイルワークオフィス
・コワーキングスペース
・レンタルオフィス

サテライトオフィスのメリット

・育児・介護の両立
・移動費用などの交通費削減
・災害時のリスク分散

サテライトオフィスのデメリット

・本社とのコミュニケーション不足の可能性

テレワークで CRM システム導入のメリットを最大限に活かすことができます。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら

テレワークのことなら Office Cloud

10年以上の導入とサポート実績があるオフィスクラウドに是非お任せください。

詳しくはこちら