Zoho とは?

Zoho は、ネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスなどを開発しています。営業、マーケティング、顧客サポート、会計、バックオフィス業務、そして多数の生産性向上ツールとコラボレーションツールなど、ほぼすべての主要な業務カテゴリーで40種類以上のアプリを提供しており、世界で最も豊富にソフトウェアを提供している企業の1社です。

本社を米カリフォルニア州プレザントンに置き、インドのチェンナイに国際本社があります。ほかにもテキサス州オースティン(米国)、レニグンタ(インド)、テンカシ(インド)、横浜(日本)、北京(中国)、シンガポール、ケレタロ(メキシコ)、バイロンベイ(オーストラリア)、ユトレヒト(オランダ)、ドバイ(アラブ首長国連邦)に事業所があります。

Zoho が提供する企業のIT化・業務効率の向上をサポートするクラウド型ソリューションでは、グループウェア、CRM、プロジェクト管理、オンラインオフィスなどさまざまなサービスを無料もしくは低料金で利用できるため、定評があります。今では世界で5万社に導入されているとも言われます。中心となるのが Zoho CRM で、利用することにより、顧客に対してのメールやショートメッセージでのアプローチを自動化することができます。

日本でも2007年に市場参入して以降、日本の中小企業の生産性向上やビジネス成長を支援するソリューションを提供し、4年で3倍に拡大するなど導入実績をあげています。

なぜ、”Zoho CRM 推し” なのか?

Zoho CRM は海外で開発されていることもあり、日本人が使うには感覚的に合わない部分があるかもしれません。機能が多くてウンザリ感があったり、ヘルプも日本語でないのでわかりづらいなど、使いこなすには根気がいるかもしれないというのが使い始めた頃の正直な感想でした。しかし、あれこれ調べながら使ってみたところ、とても便利だということに気が付きました。ウンザリ感のあった機能の多さも使い始めると充実感に変わりました。他にも様々な点でいいところがあります。

圧倒的なコストパフォーマンス

まずは、機能が充実しているのに低価格であること。Zoho CRMは1アカウント 1,440円/月〜利用することが可能です。他社製のSFA / CRMと比較しても、およそ3分の1から5分の1のコストとなっています。こういったITツールを導入する際に迷うのが、契約期間や最低契約数ですが、Zoho CRMは1アカウント・1ヶ月から契約が可能です。まずは小さく始めてみる、ということも可能で、中小企業でも導入しやすいのでおすすめです。2週間の無料トライアルも可能です。

柔軟な対応ができる

次に、カスタマイズや他のソフトウェアとの連携も比較的しやすいこと。お客様の中には、CRMは必要だとわかっているのに、基幹システムとの連携が難しく導入をあきらめた経緯があったり、業種がら特殊な管理項目があってどうしても合わせることができず、導入しても別管理になってしまうなど、悩ましい経験をお持ちのお客様は多いのですが、お話しを伺っていると、この Zoho CRM ならカスタマイズで導入が可能になりそうなケースも意外にあります。

全ての機能を使いこなす必要はない

機能が多くてウンザリ感があったとしても、全ての機能を使いこなさないと業務ができないということはありません。業務で最小限必要な機能と少し便利だと思える機能から使ってみることもできます。後々、慣れてきたら使う機能の範囲を広げたり、業務上必要になった機能を追加で使うことはいつでも可能です。

実際に使用しているスタッフが相談に応じます

いろいろと苦心して導入した Zoho CRM ですが、いまや我が社の業務運営には欠かせません。導入の効果もどんどん出ています。だからこそ、同じような中小規模の企業にも実際にご利用頂くお手伝いをして業務効率が上がる充実感を味わって頂き、最終的には業務実績に結び付く満足感を共有したいのです。

導入する際に苦心した分導入のためのプロセス考慮すべき点、実際に利用することで得た使い方のコツなど様々なノウハウを持って、貴社の顧客管理に関するお悩みの解決や業務効率アップのためのアドバイスをさせて頂きます。

また、CRM の導入に必要な IT 環境の整備も併せてトータル的にご相談にのることも可能です。まずはご相談下さい。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら