社内でのコミュニケーションを効率化する

チームコラボレーションについて

企業は、販売目標を達成するため、営業担当者毎、または各チームに対して KPI(重要業績評価指標)を設定します。メンバーはその目標を達成するため、営業アプローチを始めとした活動を効率的に行いますが、同時に社内の各メンバーと協力することも求められます。ほかのメンバーと協力して業務を行う際、情報の共有をスムーズかつ適切に行う必要がありますが、社内コミュニケーションに時間をとられると、対応の遅れを招いたり、販売に必要な営業工数が減ってしまうなど、さまざまな課題に直面します。

Zoho CRM は、組織(企業)のアカウントを作成し、その組織の中に代表者を始めとした社内の各メンバーをユーザーとして追加し、1つのプラットフォームの中で全てのメンバーが活動するシステムです。

そのため、個人の活動を効率的に管理するだけでなく、社内でのコミュニケーションも効率化することが可能です。

チームコラボレーション機能を利用するメリット

スピーディーな情報共有

Zoho CRM では、モバイルアプリを利用し、外出先からでも商談情報やタスクなどの共有項目をシステムに追加できるため、チームメンバーへのスピーディーな状況報告が可能になります。

コミュニケーションコストの削減

各商談や顧客に関係する社内のメンバーが複数いる場合にも、自動的に各メンバーに情報更新の通知が届くよう設定できます。これにより、個別に説明をする必要がなくなります。

履歴の蓄積と共有

業務活動から得た情報を Zoho CRM システムに登録するだけで、必要な情報を整理された状態でチームメンバーと共有できます。また、@メンション機能を利用し、メッセージを特定のメンバー宛てに送ることもできます。

共有情報の管理

必要のない情報が多く共有されると重要な情報を見逃してしまったり、情報の確認に時間がかかるなどの問題が発生します。Zoho CRM では、共有する情報の範囲をチーム内、担当する顧客のみなどに限定することが可能です。

モチベーションの向上

チーム内での活動状況を共有することは、円滑なコラボレーションを実現するだけでなく、可視化されることで取り組むべき活動が明確化され、モチベーションの向上につながります。

コラボレーション機能の特徴

ユーザーの追加とライセンス管理

企業で CRM の利用を開始する際は、アカウント(組織)を作成し、組織に属するメンバーを登録します。Zoho CRM では、組織にメンバーをユーザーとして追加し、ライセンスを付与します。

役職による閲覧範囲の管理

さらに、Zoho CRM で組織に追加したメンバーの所属するチームや役職などで組織階層を定義すると、メンバーやチーム別に共有データの閲覧範囲を限定したり、組織の体制に基づくCRM の活動の推進に役立ちます。

ゲーミフィケーション

Zoho CRM のゲーミフィケーションは、日々の活動状況をゲーム形式で可視化する機能です。たとえば、受注件数やタスクの処理数などをチーム内で競いあったり、目標を達成したメンバーにトロフィーを授与するなど、ゲームの要素を営業活動に取り入れることで、営業チームのモチベーションを向上します。

社内コミュニケーションを円滑にする
その他の便利な機能

Zoho CRM は、顧客情報や商談情報を管理しながらチーム内でのスムーズな情報共有を実現する便利な機能を豊富に備えています。

Zoho CRM のチームコラボレーション機能で企業の生産性を向上させる!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら