住所項目の表示順を日本の仕様に設定して見やすくする

Zoho CRM を導入した初期の状態では、住所項目が英語仕様の表記順になっています。
具体的には「町名・番地」「市区町村」「都道府県」の順で表示されます。
この状態では、日本国内で利用するには使用しづらいため、
住所項目の表示順を変更して運用しましょう。

分けて登録された住所項目を結合して表示する

住所項目は 「都道府県」「市区町村」「町名・番地」 に分けて管理されますが、
この住所項目を一つにまとめて表示する設定をしておくと、運用上便利です。
今回は、「数式」項目で関数を使って設定します。

操作方法

住所項目の表示順を変更する

  1. 画面右上の歯車マークをクリック
  2. 「設定」のカテゴリー「カスタマイズ」にある「タブと項目」をクリック(動画0:30
  3. タブの一覧から「取引先」タブを選択(動画0:36
  4. 「レイアウト」の「名前」にある「標準」をクリック(動画0:39
  5. 「住所情報」セクションにある項目をドラッグして並べ替える(動画0:41
    ※「請求先」「納品先」それぞれの住所項目があるので、両方並び替える

住所項目を結合してセットする項目を作成する

上記の4.まで操作した状態から設定します。

  1. 画面左の「新しい項目」から「数式」をドラッグ&ドロップで
    「住所情報」セクションに追加(動画1:05
  2. 「数式の詳細」ウインドウで「項目のラベル」に表示する項目名を入力する (動画1:27
    ※動画では「住所(請求先)」と入力
  3. 「戻り値の種類」は「文字列」を選択(動画1:33
  4. 「関数の選択」は「文字列の関数」を選択し、その中から「Concat」を選択して
    「挿入」ボタンを押す(動画1:38
  5. 下にある「数式*」欄に挿入された「Concat()」のカッコの中をクリックしてカーソルを置き、
    「項目の選択」で「取引先情報」から結合したい項目を選択する(動画2:06
    この時、入れる項目と項目の間には半角カンマ「,」を入力する
    ※動画では、「都道府県」,「市区町村」,「番地」を入力
  6. 入力できたら「構文のチェック」ボタンを押す(動画2:27
  7. エラーがないことが確認できたら、「完了」ボタンを押す(動画2:32
  8. 「標準」画面に戻るので、「保存して閉じる」ボタンを押す(動画2:37

なお、ここで作成した項目は、編集画面および作成画面では表示されません。
(入力項目ではなく、値が自動生成される項目のため)

Concat 関数

Zoho CRM では、文字列型の数式項目の作成に使用する関数で、すべての文字列を連結して返します。
使用法:Concat(‘文字列’,’文字列’,…)
使用例:Concat(‘姓’,’ ‘,’名’)は、「姓 名」(姓と名の間に半角の空白を挿入している)を返します。

作成した項目に値をセットする

この時点では、すでに入力されている住所項目については
新しく作成した項目にまだセットされていません。
そこで、一度編集画面を開いて保存することで、
「都道府県」「市区町村」「町名・番地」を結合したデータがセットされます。

  1. 「取引先」タブを開き、「概要」の「住所情報」を見ると、
    新しく作成した項目が表示されているが、まだ空欄の状態
  2. 右上の「編集」ボタンを押して編集画面を開き、そのまま「保存」ボタンを押す(動画2:53

これから取引先のデータを新規で入力する場合は、
「都道府県」「市区町村」「町名・番地」を入力して保存すると、
自動的に結合されてセットされます。 動画3:09

動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。