CRMの項目に関連付けをして簡単にインポート

インポートするデータの項目を、
ZohoCRM のどの項目にセットするかを選択してインポートします。
CRMにない項目があれば、新しく項目を作成します。

インポートする際の注意事項

インポートするデータの最初の行は項目名であることを確認してください。
この項目名とCRMの項目名を識別して自動で関連付けされます。

サポートされているファイル形式: xls xlsx vct csv

操作方法

  1. 「取引先」タブを開く
  2. 画面右上の「取引先を作成」ボタンの下矢印をクリック(動画0:24
  3. 表示されたメニューから「取引先をインポート」を選択(動画0:30
  4. インポートするデータをドラッグ&ドロップ、または参照からデータを選択(動画0:34
  5. ファイルをアップロードできたら「次へ」ボタンをクリック(動画0:47
  6. 「新しい取引先として追加」にチェックし、
    初めてインポートする場合、CRMにはデータが入っていない状態なので、
    既存の取引先と重複するデータをスキップする条件を「なし」にして
    「次へ」ボタンをクリック(動画0:51
  7. 「インポートする項目の関連付け」の画面では、CRMのどの項目に関連付けるかを設定
    「ファイルの項目」:インポートするデータの項目
    「Zoho CRMの項目」:CRMにある項目
    「ファイルの項目」と同じ項目名がCRMにある場合は、自動で関連付けられる
    もし、関連付けたい項目とは別の項目が選択されている場合、
    下矢印をクリックしてプルダウンから関連付けたい項目を選択(動画1:40
  8. 「関連付けられていない」の横に表示されたカッコの数字は、
    インポートするデータとCRMの項目が関連付けられていない項目の数を表す(動画1:50
  9. 「関連付けられていない」の数字をクリックすると、
    まだ関連付けされていないデータの内容が表示される(動画2:03
    ※動画の例では、ファイル項目の「決算期」に対してCRMで関連付ける項目が選択されていない
     選択するには、プルダウンから関連付ける項目を選択する
  10. CRMに関連付ける項目がない場合、画面右上の「+新しい項目の作成」をクリックして
    項目を新しく作成する(動画2:19
    ・「Zoho CRMの項目」にはCRMで表示される名称を入力 (動画2:26
    ・「項目の種類」は入力されるデータの種類に応じて項目を選択 (動画2:34
     ※日付を入力する場合は「日付」を選択、金額を入力する場合は「通貨」を選択
      動画の例では「3月」のように数字と文字が混在するので「テキスト」を選択
    入力したら「作成」ボタンをクリック(動画2:58
  11. 「関連付けられていない」数字が”0”になり、全ての項目が関連付けられたので、
    「次へ」ボタンをクリック(動画3:00
    ※データをインポートする際に、取引先の担当者やタスクの割り当てをすることができる
    (動画では何もせずインポート)
  12. 「終了」ボタンををクリック(動画3:13
  13. インポートが開始されるとポップアップ画面が表示され、完了すると通知メールが届く(動画3:25

動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。