業務に合わせて迷いや間違いのムダをなくす!

Zoho CRM で用意されている「見込み客」や「取引先」などのタブは、
名称を変更することができます。
例えば、「連絡先」より社内では「担当者」の方が使い慣れているかもしれません。
また、「取引先」より「顧客」の方がピンとくる場合もあるかもしれません。

業務で使う用語にCRM上の名称を合わせておくことで、
迷ったり、間違えたりすることを防ぐことができ、
スムーズな運用につながります。
必要に応じて変更してみてください。

操作方法

今回は「取引先」タブを「顧客」に変更する例で説明します。

  1. 画面右上の歯車マークをクリック
  2. 「設定」画面のカテゴリー「カスタマイズ」にある「タブと項目」をクリック(動画0:18
  3. タブの一覧から名称を変更したいタブ(今回は「取引先」)の「・・・」に
    カーソルを合わせる(動画0:22
  4. 表示されたメニューから「名前の変更」をクリック(動画0:25
  5. 「タブ名の入力」画面では、変更する名称を入力(動画0:28
    ※複数形と単数形という2種類あるが、今回は同じ名称を入力する
  6. 入力したら「保存」ボタンを押す(動画0:43

動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。