組織情報を設定しておけば、CRMをスムーズに運用できる!

事業の運営に必要な会計年度や営業日などをCRMに設定しておくことで、
組織の営業活動を効率的に支援することができ、
スムーズな業務運用が可能になります。

書類の作成や売上管理、タスク管理がスムーズに !

設定した情報は組織内のすべてのユーザー環境に適用されるため、
書類の作成や売上管理がスムーズになります。

会計年度の設定すると、指定した開始月を起点に四半期が自動設定されるほか、
売上レポートの作成時などにも適用されます。
また、営業時間を設定することにより、
チームメンバーの勤務状況を明確に把握でき、タスクの管理もスムーズになります。

設定方法

■タイムゾーンの設定

  1. 画面右上にある歯車マークをクリック
  2. 「設定」にあるカテゴリー「一般」から「組織情報」を選択(動画0:14)
  3. 「組織情報」タブの「地域情報」セクションにあるエンピツのアイコンをクリック(動画0:19
  4. 表示されたポップアップ画面で「通貨」と「タイムゾーン」を変更
    ※変更する場合は、項目欄にカーソルを合わせると
     選択肢がプルダウン表示されるので、そこから選択(動画0:27
  5. 「保存」ボタンを押す
日本標準時(JST)

JSTは、Japan Standard Timeの略で、兵庫県明石市を通る東経135度の子午線における平均太陽時を日本の標準時刻としたもの。中央標準時とも呼ぶ。
グリニッジ標準時(GMT:Greenwich Mean Time)は、経度0度にあるグリニッジ天文台(イギリス)における平均太陽時を指す。かつてグリニッジ標準時は国際的な基準時刻として採用され、イギリスを含む世界各地域の標準時として使われていた。現在は、西ヨーロッパ諸国の標準時である協定世界時 (UTC) を用いている。日本標準時(JST)はUTCに比べて9時間進んでいる(UTC+9)。

■会計年度の設定

 タイムゾーンの設定方法の2.まで進んだ状態から操作します。

  1. 「会計年度」タブをクリックして表示(動画0:35)
  2. 「会計年度の基準」欄の「開始月」にチェックして、「会計年度の開始月」を選択(動画0:50
  3. 「保存」ボタンを押す
    ※終了月を基準として設定する場合は、「終了月」にチェックして同様に設定

■営業時間の設定

 タイムゾーンの設定方法の2.まで進んだ状態から操作します。

  1. 「営業時間」タブをクリックして表示(動画1:02
  2. タイトル右にあるエンピツのアイコンをクリック(動画1:10
  3. 表示されたポップアップ画面で「営業時間」を選択(動画1:26
    24時間営業の場合、「週5日」か「週7日」のいずれかを選択
    24時間営業でない場合、「個別指定」を選択
  4. 3.で「個別指定」を選択した場合、「週の開始」で曜日を選択(動画1:30
  5. 3.で「個別指定」を選択した場合、「営業時間」を設定
    ・毎日同じ就業時間 ⇒「毎日同じ時間」にチェックし、開始時間と終了時間をそれぞれ入力
    ・就業時間が曜日によって異なる ⇒「曜日ごとに異なる時間」にチェックし、
     曜日ごとに開始時間と終了時間をそれぞれ入力(動画1:32

設定方法を動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。