項目名ではわからない留意事項が確認できるように!

Zoho CRMではデフォルトで用意されている項目名の変更はできません。

例えば、商品タブにある項目の「単価」はデフォルトで用意されている項目ですが、
業務によっては「販売価格」や「上代」と普段から使っている場合、
「単価」ではしっくりこない上、間違いが起きる可能性もあります。

そこで、ヒントを項目に表示することで迷わず入力できるようにできます。

設定方法

今回は「商談」タブの「単価」にヒントを表示させる方法で解説します。

  1. ヒントを表示させたい項目があるタブから項目の編集画面を開く(動画0:36
  2. 項目の欄の右側にある「・・・」をクリック(動画0:42
  3. 表示されたメニューから「プロパティの編集」を開く(動画0:47
  4. 詳細画面で「ヒントを表示する」にチェックを入れると、
    「ヒントの内容を入力」欄が表示されるので入力する(動画0:50
    ※今回は「販売価格」と入力
  5. 表示方法は「情報アイコン」か「固定テキスト」を選択する(動画0:57
    ※今回は「情報アイコン」を選択
  6. 右の「プレビュー」を押すと、実際の入力画面がプレビュー表示される(動画1:01
    ※今回は「情報アイコン」を選択したので、項目名の隣に「i」のアイコンが表示され、
     カーソルを合わせるとヒントとして「販売価格」が吹き出しで表示される
  7. 「固定テキスト」を選択した場合、プレビューをすると、
    項目の入力欄に薄い文字でヒントが表示される(動画1:12
  8. 「完了する」ボタンを押下
  9. 編集画面右上の「保存する」ボタンを押下

(参考)
ヒントの表示方法を「情報アイコン」と「固定テキスト」どちらを選択するかは
好みや使い勝手がありますが、例えば、ヒントが長くなる場合は、
必要な時だけ吹き出しで確認できる「情報アイコン」を選択し、
常に表示しておけるような短いヒントの場合は「固定テキスト」を選択するのも一つの目安です。

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。