必要のない項目は画面から削除して管理しやすく!

CRMにある項目には、毎回入力する必要がないものがあります。
例えば「通貨」項目は通貨の種類を指定するもので、
毎回指定する必要がないかもしれません。
しかし、タブに項目の種類として「通貨」項目が使われている場合、
デフォルトで用意されている「通貨」項目は削除できません。
(項目の種類に通貨がないタブに「通貨」項目がある場合は削除可能です。)

そこで、「通貨」項目をある条件で非表示にするように設定すると、
簡素化されて管理がしやくすなります。

設定方法

今回は「商談」を入力する画面で「商談名」が入力されると、
「通貨」項目を非表示にするよう設定してみます。
具体的には「商談名」が「空である」条件の時に「通貨」項目を表示する、
という処理を実行する方法で設定します。

  1. 「商談」タブの右上にある「商談を作成する」ボタンを押す
  2. 「商談を作成」画面の右上にある歯車マークをクリックし、
    「カスタマイズカテゴリー」にある「タブと項目」をクリック (動画0:28
  3. 「商談」タブを選択(動画0:34
  4. 「商談」画面で「レイアウトのルール」タブを開く(動画0:36
  5. 画面右にある「+新しいレイアウトのルール」ボタンをクリック(動画0:40
  6. 「新しいレイアウトルール」画面では「ルール名」を入力(動画0:44
    (今回は「通貨項目非表示」と入力) 
    ※「ルールの説明」欄の入力は任意
  7. 「このルールに適用に関する基準の項目を選択してください。」の欄では
    「商談名」を選択(動画0:51
  8. 「ルールの適用条件を選択してください。」の欄では「空である」を選択して
    「次へ」ボタンをクリック(動画1:00
  9. 今回作成する処理のワークフローを設定する画面になるので
    「処理の実行」をクリックして「項目の表示」を選択(動画1:11
  10. 画面右側に「処理を作成する」欄が表示されるので
    「なし」の部分をクリックして、プルダウンから「通貨項目」を選択(動画1:16
  11. 「保存する」ボタンを押す(動画1:27

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。