Zoho CRM では、見込み客を的確なアプローチによって商談へ導いて獲得し、受注した後も顧客満足度を上げるための情報分析によりタイムリーにフォローすることが可能になります。こうした新規顧客の開拓から長期的な信頼関係の構築までをZoho CRM の多彩な機能がサポートします。

見込み客の管理機能で的確に商談へ導く

見込み客とは

見込み客とは、今すぐは売り上げにつながらないかもしれないが、今後売り上げにつながる見込みのある顧客を指します。
広告やセミナー、展示会などのさまざまな施策によって見込み客を獲得し、商談化、受注に向けたアプローチを実施することで、企業は売り上げを維持、拡大することができます。こうした見込み客の獲得とアプローチを継続的に実施することは企業の業績を左右することになるので効率的に実施していく必要があります。

Zoho CRM の見込み客管理

Zoho CRMでは、見込み客を管理しながらアプローチを効率的に実施できる環境を提供することで、商談化、受注の獲得をサポートします。

1
獲得

見込み客を獲得した瞬間からアプローチ開始

2
分類

反応から質の高い見込み客を見極める

3
ナーチャリング(育成)

見込み客の興味・関心を高める各種施策を効率的に実施

4
コンバージョン(商談化)

商談を獲得したら営業へ見込み客情報を引き継いで本格的な営業アプローチを開始

5
分析

見込み客の獲得経路を分析して今後の商談や購入につなげる

見込み客の獲得

  • Webフォーム経由で見込み客を自動登録
  • 名刺スキャンでCRMに登録
  • SNSから直接見込み客を獲得してCRMに登録

見込み客の分類

  • 見込み客をスコアリングして対応の優先度付けなどアプローチ活動を効果的に実現
  • CRMに登録された見込み客を各担当者に自動で割り当てるように設定することが可能

見込み客の育成

  • ワークフロー機能を利用して自動的にメールを送信することが可能
  • 特定のターゲットメールに対し一括でメールを送信することが可能

コンバージョン(商談化)

  • 見込み客情報を自動変換して商談を作成して営業へ引き継ぎ

見込み客の分析

  • インプレッションから費用、予算収益、ROIまで一元的に管理することが可能
  • 獲得経路からの分析やステージ軸など複合指標で分析することが可能

こうした一連の見込み客の管理機能を活用して、見込み客を的確に商談へ導くことが可能になります。

商談に導いた見込み客を逃さないために、引き続き各顧客管理機能へ引き継がれ、商談のステージに合わせた的確で迅速なアプローチを展開することで受注へと導きます。

連絡先・取引先の管理機能:顧客とゆるぎない信頼関係を築く
商談の管理機能:商談を可視化して受注率アップ
顧客管理の効率化に役立つその他の機能:デジタル改革で営業業務を便利に

Zoho CRM で顧客管理の効率化を実現します。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら