CRMの導入を決める前には、検討するべき重要なポイントがあります。

CRM 導入の6つのポイント

使いやすさ

新たに CRM を導入しても利用者が負担に感じてしまうと、なかなか定着せずに導入が頓挫してしまいかねません。CRM 導入の検討段階で、シンプルな機能かどうかや、操作が分かりやすいかなど、ユーザーにとって使いやすいことを確かめておくことが重要です。

拡張性

企業の成長とともに CRM も柔軟に対応できることが重要です。将来事業が拡大した際には、タブやカスタム項目の追加や外部とのアプリケーションの連携を迅速に行う必要があるからです。

セキュリティ

セキュリティへの懸念がこれまでになく高まっています。その状況下で確実に顧客のデータの保護するためには、安全なデータセンターを備え、業界標準のセキュリティ対策が実施されている CRM を選ぶ必要があります。

カスタマイズ

企業の業種や規模によって、必要となる CRM の機能はさまざまなです。そのため、企業にとって理想の CRM には、必要に応じたタブや項目の追加や編集、関連リストの編集などといった機能を自社のニーズに合わせてカスタマイズできる柔軟性が必要です。

モバイル対応

外出先から営業担当者が顧客情報や見積書などの書類にいつでもアクセスできるようにしておく必要があります。それによって、外出先からでも対応することができ、また、すべての人が最新の商談情報を共有できるようになります。

データの移行

Excel などすでに管理している顧客データを新たに CRM に移行する場合、なるべく手間かけず、スムーズに業務を開始できるようにする必要があります。移行のプロセスを簡単に実行できるかを確認しておきましょう。

Zoho CRM は6つのポイントをクリアできる

Zoho CRM は、CRM導入に重要なポイントとなる上記で挙げた6つの点を全てクリアできることが、安心しておすすめできる理由の一つです。

CRM の導入をお考えなら、是非、Zoho CRM を候補に加えてご検討下さい。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら