顧客管理の効率化に役立つ Zoho CRM の機能

ビジネスを成長させるためには、顧客との間に長期的かつ良好な関係を構築する必要があります。顧客とゆるぎない信頼関係を築くには、手間と労力を長期的にかけ続ける必要があります。 具体的には、顧客からのメールを見逃さない、過去の取引状況やその経緯などを詳細に記録して参考にできるように管理するなど、さまざまな対応が求められます。アナログ的な管理方法では、取引先が増えるにつれて、一人ひとりの顧客への対応品質を維持することが難しくなり、取引先と信頼関係を構築するのが困難になります。対応品質を向上させるには管理工数がかかる一方で、品質管理は売上に直結する活動ではありません。そこで企業に求められるのが、顧客管理業務の効率化です。顧客管理業務をデジタル化すれば、複雑で多岐にわたる顧客情報を効率的に管理できるようになります。

CRM を利用すれば、顧客情報をうまく管理し、顧客との関係を効率的かつ効果的に構築・管理することができます。

Zoho CRM の機能の便利なポイント

  • 顧客情報をワンクリックでインポート 
  • 見積書や請求書をすばやく自動作成
  • チーム内で情報を共有し、メンバーはいつでもどこでも情報を確認可能
  • フィルター機能で膨大な顧客情報から必要な情報を瞬時に抽出

顧客管理の効率化に役立つ Zoho CRM の機能

顧客の獲得から商談の受注までの間、訪問、フォローアップ、レポート作成、ニーズ分析など、さまざまなタスクが日々の業務で生じます。Zoho CRMにはルーティン化した日々の業務を自動化し、顧客へのアプローチを効率よくサポートする機能が豊富に備わっています。

Webフォームから顧客情報を直接登録

Webフォームから獲得した顧客情報を直接取り込めるため、入力やデータインポートの手間を省いて、顧客対応をスピーディーに開始できます。

ローカルファイルからデータをインポート

データインポート機能を使えば、大量の顧客情報を CRM に一括登録することができます。Zoho CRM のデータインポート機能では、顧客情報を入力したスプレッドシートなどをワンクリックで CRM に取り込めるため、スムーズにアプローチを開始できます。

他社 CRM からのデータ移行も簡単

データ移行機能を使えば、他社 CRM からのデータも簡単に移行できます。ドラッグ&ドロップで移行先を簡単に指定できるため、手間のかかる移行作業がスムーズに完了します。

承認のレビュープロセスで確かなデータ登録

CRM を導入する大きなメリットは、登録されたデータベースを活用して顧客データの分析や業務の自動処理ができるようになることです。しかし、データの重複や欠損、記載の揺れなどが発生すると顧客データが使い物にならず、CRM のメリットを十分に得られなくなってしまいます。

Zoho CRM では、データを登録する際に、上司や他メンバーに確認と承認を求めるレビュープロセスを設定することができます。 レビューが割り当てられた担当者は、承認、不承認の処理を行い、必要に応じてコメントを残すことが可能です。

注力すべき顧客をスコアリングで判別

複数の顧客を受注確度の高い顧客層に絞り込めば、効率的な営業アプローチを実施できますが、そのためには、一人ひとりの顧客データを詳細に分析し、分類する必要があります。Zoho CRMでは、特定の条件に合致する顧客にスコアをつけ、優先度の高い顧客をひと目で判別することができます。

ドキュメント管理も簡単

チーム内で共有したい営業販促資料などのドキュメントも、CRM に保存しておけば、必要に応じてメンバーがいつでも確認できます。契約書や提案資料などを各商談に関連付けて保存することも可能です。

見積書・請求書の作成

見積書や請求書は商談や顧客情報と関連付けて作成することができます。登録したい商品を入力するだけで見積書のフォーマットを作成でき、作成した見積書を請求書に変換して請求書を自動作成することもできます。

特定条件に合致する顧客リストを抽出

Zoho CRM は、注力しているエリアや商品に基づいて顧客リストを抽出し、ターゲット層へのスムーズな営業アプローチをアシストします。抽出したリストに基づいてメールを一括配信したり、販促キャンペーンの対象リストに登録して効果を測定したりなど、効率的な営業アプローチと管理が可能になります。

CRM × プロジェクト管理

Zoho CRM をプロジェクト進行管理ツール「Zoho Projects」と連携させれば、受注後のプロジェクト管理も CRM で一元管理できます。顧客情報とプロジェクトを関連付け、スケジュールやタスク、進捗状況を CRM から確認できるようになります。

受発信もラクラク

CRM と電話プロバイダーサービスを連携させれば、CRM から直接、電話を受発信できるようになります。通話しながら過去のやりとりのメモや商談状況などを確認できるため、スムーズな対応が可能になります。不在着信や通話のリマインドも通知してくれます。

Zoho CRM で顧客管理のデジタル改革を実現します。

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら