ビジネスのための電子署名ツール

万全なセキュリティ、かつ操作性の高い署名ツール

Zoho Sign は、安全性が高く法的にも有効性のある電子署名ツールです。

電子署名ツール「Zoho Sign」とは

印刷不要で署名ができる  

実際に紙に署名をすることなく、電子的に署名をしてもらうツールが「Zoho Sign」。書面をメールで送信し、紙に出力することなく電子的に署名をしてメールで返送してもらうことが可能です。

もう、署名をするのはオフィスじゃなくていいのです。署名は電子で、パソコンやタブレット、スマートフォンからでもできます。もちろんオフィスでも、出張先でも、途中の電車の中でも署名ができます。

職場、自宅、移動中など、どこからでもビジネスドキュメントに署名できます。契約書を作成し、署名のために送信するか、携帯電話またはタブレットから直接署名してもらいます。多くの仕事をこなそうと机にかじりつくなどということは、もう必要ありません。

紙しかない?  

書面が紙でしかない場合、これまで同様実際に「署名してもらうしかないな」と思うかもしれませんが、ZohoSignは違います。スキャン(カメラでのスキャンでも大丈夫)で電子データにすれば電子署名がもらえます。外出先であれば、スマートフォンのカメラで撮影し、データにし、そのまま署名をしてもらえば完了します。

デバイスは選びません  

スマートフォンでもタブレットでも、もちろんパソコンからでも署名ができます。これなら署名をもらうチャンスを逃しません。

ワークフローで署名を管理  

Zoho Signでもワークフローを設定できるので、署名をもらう順序を設定することで、予定通りに署名をもらうことができます。また、署名漏れも防ぐことができます。

署名プロセスを記録  

監査証跡に対応した法的に正しいプロセスを経て署名を得ていることを記録し、あとからの追跡も可能です。プロセスの進行に応じて、アラートや通知を設定することもできます。

テンプレートを作成して効率化  

繰り返し使う契約書など署名が必要な書面は、テンプレートを作成しておけば、契約の度に契約書を作成する必要がなくなります。細かいカスタマイズもできます。

ロゴや社判も挿入可能  

書面には、ロゴや社判を入れることも可能です。不正を防ぎ、自社のブランディングに役立ちます。

クラウドからインポート

Zoho Docsはもちろん、OneDrive、Box、Google ドライブ など会社で決められたクラウドストレージからドキュメントをインポートし、これまでの書類から署名用の書面を作成し、署名をもらうことも簡単にできます。

いろいろなアプリとも連携できる  

Zoho Signは、Zohoアプリだけでなく外部の人気アプリとも連携ができるように設計されています。それらのアプリから直接書面に署名をすることができます。

コンプライアンスに準拠

Zoho Sign は、軍用レベルの暗号化を提供し、最高レベルのデータセキュリティを保証します。最新の電子署名法:ESIGN と eIDAS に準拠しています。

世界の電子署名に関する法規制について

電子署名はグローバル対応の時代になり、世界中の先進国で信頼され、法的な効力と拘束力を持つ署名手段になりました。
米国では、ESIGN 法(Electronic Signatures in Global and National Commerce Act)と UETA(Uniform Electronic Transactions Act)が成立したことにより、あらゆる州で電子署名が手書き署名と法律上同等に扱われるようになりました。
EUでは、eIDAS 規則(Electronic Identification and Trust Services Regulation)により、あらゆる種類の電子サインに法的な効力と拘束力が認められました。ただし、手書き署名と法律上同等に扱われる電子署名の種類は限られています。
電子署名関連の法制度は国ごとに異なりますが、実はほとんどの国が同じ基本原則を共有しています。

Zoho Sign は合法で安全

Zoho Sign のアプリで署名されたドキュメントは、ESIGN および eIDAS 法に準拠しており安全です。Face ID、Touch ID、パスコードを設定して、セキュリティレベルをさらに高めることもできます。

Zoho Sign でドキュメントをどこからでも安全に署名して業務を効率化!

CRM と連携させれば圧倒的に便利に!
ビジネスに必要なツールが全て揃う総合ビジネスアプリ
Zoho One

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら