強力な機能で効果的に成果を上げる

商品を販売する場合でも顧客と対話する場合でも、メールキャンペーンは顧客とつながるための最も効果的な方法の1つです。Zoho Campaigns を利用すれば、メールキャンペーンの作成、送信、共有、追跡をスピーディかつ効果的に行えます。

Zoho Campaigns の強力な機能とは

購読者の管理

Zoho CRM、Eventbrite、Google Workspace など、さまざまなソースから Zoho Campaigns に購読者をインポートし、すぐに対話を始められます。

メルマガ配信用メーリングリストのベストな方法で管理

Zoho Campaigns では、キャンペーンのニーズに合わせて、メーリングリストをかんたんに作成、編集、区分することができます。メーリングリストを適切に管理して、ターゲット層に適切な情報を提供しましょう。

購読登録者の詳細情報をすぐに整理

Zoho Campaigns を使用すれば、Excel シートや Zoho CRM アカウントから購読登録者の詳細情報をかんたんにインポートできます。他の CRM ツールを使用している場合には、API を使用してインポートすることも可能です。購読登録者が数人しかいない場合は、手入力も可能であり、必要に応じて1人ずつ追加できます。

メーリングリストの健全性を認識する

CRM ツールや WEB サイトの登録フォームから情報をインポートすることで、メーリングリストを作成できます。メールの重複、バウンス(バウンスメール:配信できなかったメール)、登録解除があっても、自動的に削除されるので安心です。リストの健全性がキャンペーンの成功を左右します。Zoho Campaigns は、リストをクリーンに保ちます。

メーリングリストを区分して対象を絞ってリーチする

適切なターゲット層にリーチする方法には、区分の作成などがあります。メーリングリストを区分することで、関連性の高いコンテンツを関係のある人に送信することができます。さまざまな条件に基づいてリストの区分が可能です。たとえば、スポーツ用品店を経営している場合、スポーツ別にリストを区分し、適切なお買い得情報を送信できます。

登録フォームを追加して購読登録者を獲得

Zoho Campaigns には、数多くの登録フォームテンプレートが用意されています。その中から1つ選んで WEB サイト、ブログ、ソーシャルメディアサイトに配置してニュースレターの購読を選択してもらうことができます。選択した人はメーリングリストに自動的に追加されます。登録フォームを使用する主なメリットは、提供している商品やサービスに本当に興味を持っている人だけがニュースレターを購読する点です。もうスパムの苦情や購読解除に悩まされることはありません。

スマートフォンユーザーにかんたんにリーチする

WEB サイトに QR コードを埋め込むと、スマートフォンユーザーがかんたんに登録できるようになります。読者はコードをスキャンすることで、すぐにメーリングリストに加わることができます。

API とは

Application Programming Interface の略語で、「ある1つの機能に特化したプログラムで共有可能なもの」や「ソフトウェアの機能を共有する仕組み」のことです。よく使う機能が API として用意されていれば、一からプログラムを組む必要はなく、必要に応じて API を利用し、効率的に開発を進められます。
WEB APIの場合、プログラムは WEB 上に公開され、外部から呼び出して利用します。さまざまな分野で WEB API が公開されていますが、WEB APIの多くは無料で利用が可能です。

A/Bテスト

最も反響が大きいメッセージや開封率が最も高くなる送信タイミングを特定することでコンバージョン率が向上するとしたら、利用しない手はありません。Zoho Campaigns では、A/Bテストを使用して最も効果的なメッセージを届けることができます。適切なタイミングで適切なメッセージを提供し、さまざまなキャンペーンをさまざまなセグメントのターゲット層に送信しましょう。

A/Bテストを使用して、2つのバージョンのキャンペーンについてテストを行えば、どちらが効果的かを検証できます。

さまざまなテスト変数を試す

メールキャンペーンのわずかな変更が大きな影響をもたらすことがあります。件名、送信者名、メールアドレス、メッセージの内容など、キャンペーンの変数を選択して、どうすればターゲット層から最適な反応を得られるかをテストできます。

レポートから洞察を得る

レポートを見て、キャンペーンの各バージョンにどのような反応があったのかを把握。残りのターゲット層に送信すべき最も効果的なメールを特定できます。キャンペーンの各バージョンで、メッセージの開封率やリンクのクリック率を比較しましょう。

テストを管理

テスト対象の規模とテスト期間を選びます。A/Bテストの終了後、Zoho Campaigns は最も効果的なメールを残りのターゲット層に自動送信できます。あるいは、レポートを手作業で分析し、効果的なメールをメーリングリストの残りのターゲット層に送信することも可能です。

スタイルに合ったニュースレターテンプレート

あらゆる場面に利用できる多彩なニュースレターテンプレートが用意されています。お好みのテンプレートを選択するだけで、すぐにニュースレターを作成できます。

あらかじめデザインされた豊富なテンプレート

ドラッグ&ドロップ式エディター

メールテンプレートエディターを使えば、画像、テキストボックス、ソーシャルボタンなどを自由に追加してニュースレターの外観をカスタマイズできます。

自動化機能

キャンペーンに対する受信者の反応に合わせたメッセージが送信されます。条件を設定するだけで、ガイダンス、見込み客の育成、顧客とのやり取りに関わるメッセージを自動的に送信できます。

メールのワークフロー

ドラッグ&ドロップ形式のメールワークフローを使用して、独自のトリガーやアクション要素を設定し、オンボーディングメールを送信したり、最も有望な連絡先を CRM へプッシュしたりと、幅広いアクションを実行できます。

オンボーディングとは

組織やサービスに新たに加入した人に手ほどきや支援を行い、定着を促したり慣れてもらう活動のこと。
もとの意味は「新人研修」で、企業などの人事・人材管理の分野で、新たに採用あるいは配属された従業員を、組織や部署のルールや文化、仕事の進め方などにいち早く慣れさせるための教育・訓練プログラムなどのことを指します。
転じて、顧客へのオンボーディングとして、ソフトウェアやネットサービスで利用者や加入者がいち早く使い方に慣れて習慣的に利用できるよう導くための機能やコンテンツ、およびそのようなプロセスのことをオンボーディングと言うことがあります。チュートリアルやガイドツアーなどの手法がよく用いられています。
特に、近年一般的になっている登録や使用開始が無料のソフトウェア製品やネットサービスでは、初期に使いにくさを感じれば利用者は躊躇なく離脱してしまうため、丁寧なオンボーディングによって定着を図ることが行われています。

自動返信

一連のメールを作成して予約する際、自動返信を使用すれば、毎回適切なタイミングで適切な相手にメッセージを送信できます。

購読登録者の関心を引く

登録ベースの自動返信を使用して、登録と同時に購読登録者の共感を呼ぶためのメールを送信することができます。登録フォームの購読登録者情報を利用すれば、今後の効果的なメッセージを考えることができます。こうすることで、関心を持っている購読登録者にのみメールを送信することができます。

リードのフォローアップもかんたん

過去のメッセージに対する購読登録者の反応を確認し、その行動に応じた一連のメールを送信することで、引き続き購読登録者の興味をかき立てることができます。

プロモーションを計画

あらゆる機会をとらえて顧客に自動メールを送信しましょう。休暇セールや季節割引などのメッセージを事前に用意しておけば、適切なタイミングで送信することができます。

機会を見逃さない

注文のお礼を顧客に伝える。誕生日を祝う。期日のリマインダーを送る。あらゆる機会をとらえて購読登録者にリーチし、意義ある長期的なつながりを築きましょう。購読登録者とのすべてのやり取りが、強力な関係を構築する第一歩となります。

特定のグループに対象を絞る

ターゲット層が限定されている場合、メールはより効果的になります。非公開グループ向けの自動返信を設定することで、確実に対象を絞り、該当者に情報を提供できるようになります。

パーソナライズしたコンテンツで架け橋を築く

メッセージをカスタマイズすることで、より効果的に読者の共感を呼ぶことができます。これが顧客と長期的な関係を築く基盤となります。

宛名のないメールをやめて、顧客に名前で呼びかける

メールに個人名が入っていると、顧客がメールを読む可能性はぐっと高くなります。差し込みタグを使用してメールのトーンを変え、顧客に名前で呼びかけましょう。

リードとの個人的なつながりを築く

CRM の差し込みタグは、リードと営業チームの間の関係構築に役立ちます。毎回同じ営業担当者からメールを送信することで、リードに窓口として認識させることができます。

メールに動画を追加

人は長い文章よりも、視覚的情報に引き付けられるものです。動画結合タグを使用して顧客に動画を送信すれば、メールキャンペーンに変化をつけることができます。

顧客に広めてもらう

コンテンツを顧客が共有できるようにすれば、より幅広いターゲット層にリーチできます。メールにソーシャル共有タグを追加して、顧客がソーシャルネットワークでコンテンツを共有できるようにしましょう。

動的コンテンツ

全員に同じメールを送っても、好ましい成果は生まれません。メールのコンテンツを動的に変更することで親密感が高まり、コンバージョン率を向上させることができます。

eコマースビジネスの構築

自動送信される営業メールや販促メール、購入後のフォローアップ、フィードバックメッセージ、購入に至らなかったカートのトリガーなどを設定し、Zoho Campaigns 内でオンラインストアを管理できます。

SMSキャンペーンのインスタントメッセージ

最新情報を知らせたいタイミングで短いテキストメッセージを連絡先に送信することで、メールマーケティングによるつながり構築を強化します。

メール数は絞ったほうが効果的な場合も

適切な数のメッセージを送信することは、コンテンツと同様に重要です。Zoho Campaigns のメール制限機能を利用すれば、一定期間に送信するメールの件数を制限できます。

ソーシャルメディアキャンペーンでリーチを拡大

ソーシャルメディアでキャンペーンを共有することで、より幅広い見込み客にメッセージを伝えることができます。Facebook、Twitter、LinkedInにキャンペーンを投稿して、ファン層を増やしましょう。

他のビジネスアプリケーションと連携

Zoho Campaigns は、他の Zoho サービスとのスムーズな連携を始め、ビジネスで利用されるさまざまな製品と接続することが可能です。連携により、さらに多くのメリットが得られます。

Zoho Campaigns で顧客へアプローチして、つながりを深める!

CRM と連携させれば圧倒的に便利に!
ビジネスに必要なツールが全て揃う総合ビジネスアプリ
Zoho One

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら