Zoho CRM導入支援 / ITコンサルティング

  • 052-228-0624
    受付時間:9時-18時(土日祝日除く)
  • 問い合わせ

CRMについて

カテゴリ一 記事一覧

歴史からみる CRM が営業に必要なワケ

1990年代に入ると、消費者のニーズが多様化したことで、全ての消費者に対して同じマーケティング手法でアプローチしても、効果が出せなくなっていました。そこで、顧客情報を管理して各顧客に応じたアプローチの重要性が高まり CRM の概念がアメリカで生まれます。

CRM に AI を搭載して営業力をアップ

企業は CRM に、顧客情報や商談情報などの様々なビジネスデータを蓄積します。こうした定量データから判断を行うのはこれまで人の役割でした。CRM における AI は、人間の脳によって判断を行う方法を利用し、様々な情報から適切な判断を導き提案を行います。

CRM のチャネル機能で顧客ニーズを即キャッチ

Zoho CRM では、あらゆるチャネルで行われる顧客とのコミュニケーションを統合的に管理します。これにより確認漏れやミスなどを防止しながら業務を効率化するだけでなく、スピーディーかつ適切なコミュニケーションによって顧客満足度の向上も実現します。

CRM × チームコラボレーションで生産性向上

企業は販売目標を達成するため各担当者またはチームに対して KPI を設定します。それを達成するため、社内メンバーと協力して営業活動などを効率的に行うことが求められます。CRM は、情報共有をスムーズにかつ適切に行えるようにすることでサポートします。

ゴールを設定して CRM で確実に到達する

ビジネスで目標を達成するためのプロセスをわかりやすく導き出す手法の一つとして KPI 設定があります。近年、 KPI マネジメントにより成果を上げている企業が増えていることからも、ビジネスにおいて有効な手法だと言えます。

オーダーメイド CRM が必要なワケ

ニーズに応じてカスタマイズをして、自社にマッチしたオーダーメイド CRM を構築することで、自社の業務に合った利用が可能になり、業務を効率的に遂行できる環境が整います。これにより、モチベーションの向上や営業成績の伸びが期待できます。

CRM データを分析して戦略に活かす

Zoho CRM のレポート・ダッシュボード機能では、CRM に登録された各見込み客・顧客のデータから必要な情報を自動集計し、リアルタイムにデータを可視化することで、売上目標を達成するための改善や新たなアプローチの取り組みをスピーディに実施できます。

CRM は中小企業でこそ威力を発揮する

小規模な組織では一人でも欠けると体制が破たんするため、中小企業にとってCRMの導入は連携強化及び属人性からの脱却が大きなメリットとなります。顧客情報を会社の資産として活用できる体制が整い、教育にも活用でき、社員一人ひとりの力を伸ばすことができます。

CRM の MA 機能で売り上げアップを実現

顧客情報を収集して CRM のデータベースに登録された顧客の基礎情報に対してメールアプローチやアクセス履歴などを蓄積することで、商談化への効果的なアプローチプランを立てて実行するなど、マーケティング活動を自動化することが可能です。