Zoho CRMのCanvas機能とは ?

CRMを導入しても業務内容に沿った画面構成になっていなかったり、
操作方法がわかりにくいなどの理由で使いこなすことができず、
CRMを毎日使う社員のストレスが溜まり、
最悪の場合、CRMの導入が失敗に終わってしまうケースもあります。

もしCRMが業務内容に沿ったわかりやすいインターフェースであれば、
操作する社員のストレスも解消され、社内活用率を向上できます。
また、導入時や新入社員への教育にかかる時間も削減されます。

そこで、Canvas機能を使えば、
自社の業務に合ったインターフェースにカスタマイズできます。

Canvas機能のポイント
・ドラッグ&ドロップ操作で簡単
・画像やアイコンでわかりやすい表示
・直観的なわかりやすさを追求
・豊富なデザインテンプレート

一からレイアウトを作成することもできますが、
今回はテンプレートを使って設定する方法で解説します。

設定方法

■Canvasの画面を作成する

  1. 画面右上の歯車マークをクリック(動画0:09
  2. 「設定」画面のカスタマイズカテゴリーにある「Canvas」をクリック(動画0:11)
  3. 「新しい詳細ページを作成する」ボタンを押す(動画0:15
  4. 「データの表示方法やデザインを設定する」画面でタブとレイアウトを選択 (動画0:19
    (今回は「取引先」タブを選択、レイアウトは「Standard」のままとします)
  5. 「作成する」ボタンを押す(動画0:30
  6. ギャラリーからテンプレートを選択する画面で、
    左に表示されるテンプレートの一覧から使うテンプレートをクリック(動画0:41
  7. テンプレートが表示されるとともに画面右下に「選択」ボタンが表示されるので押す (動画0:44
  8. 編集画面で、項目の表示順や背景の色などをお好みでカスタマイズ設定する(動画0:51
  9. 画面右上の「Canvas名を入力」とある欄に名前を入力して「保存」ボタンを押す(動画0:55
    (今回は「取引先キャンバス」と入力)
  10. 「閉じる」ボタンを押す(動画0:59

■デフォルトの画面からCanvasの画面に切り替える

  1. レイアウトを作成したタブを開く(今回は「取引先」タブを開きます)
  2. タブの詳細画面の一番下に「データの詳細の表示方法」があるので、
    先に作成したCanvas名(今回は「取引先キャンバス」)を選択 (動画1:05
    ※デフォルトは「標準」になっています

■常に作成したCanvasの画面を表示させる

  1. 「設定」画面のカスタマイズカテゴリーにある「Canvas」をクリックし、
    「Canvasの割り当て」ボタンを押す (動画1:15
  2. 「Canvasの割り当て」画面でタブを選択(動画1:24
    (今回は「取引先」を選択)
  3. 「データの詳細の表示方法」で権限「管理者」「標準」それぞれについて
    作成したCanvas画面(今回は「取引先キャンバス)の選択が可能(動画1:25
  4. 「保存する」ボタンを押す(動画1:38

動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。