エクスポートしたデータはバックアップにも使える!

ZohoCRMは、簡単な手順でCRMデータをエクスポートできます。
エクスポートというと他のソフトウェアなどで
データを利用したい場合に行うイメージがありますが、
バックアップとして利用する方法もあります。

データのエクスポート機能を使用すると、
CRMの各タブからデータをエクスポートできます。
この時のデータ形式はCSV形式になり、
最大3,000件までのデータをエクスポートできます。

今回は、エクスポートしたデータが文字化けしている場合の対処方法を
エクスポートする方法も含めてご紹介します。

操作方法

■エクスポートする

  1. 画面右上の歯車マークをクリック(動画0:11
  2. 設定画面の「データ管理」カテゴリーにある「エクスポート」を選択(動画0:13
  3. 「選択エクスポートするタブ」でエクスポートしたいタブを選択(動画0:16
  4. 「エクスポートする」ボタンをクリックして、
    次の確認画面で「OK」ボタンを押す(動画0:20

エクスポートするとローカルディスク(通常「ダウンロード」フォルダ)に
データファイル(CSV形式)が保存されます。
その際、ファイルの名称は「タブ名_数字」になります。

■文字化けの対処をする

  1. エクスポートしたデータファイルを右クリックし、
    「プログラムから開く」から「メモ帳」を選択(動画0:30
  2. メモ帳で開いた状態で「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択(動画0:37
  3. 「名前を付けて保存」画面の下にある「文字コード」で「ANSI」を指定して
    「保存」ボタンを押す(動画0:41

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。