オプトアウト項目の使い方

特定電子メール法に準拠するための項目

オプトアウトとは?

Zoho CRM の「見込み客」と「連絡先」の各タブには、
「メール対象外(オプトアウト)」という項目があります。
チェックを入れて有効にすると、
その見込み客や連絡先のメールアドレス宛にはメールを送信できなくなります。

メルマガなどを送る場合、準拠しなければならない法律が2つあります。
特定電子メール法と個人情報保護法です。
オプトアウトはこの特定電子メール法に関わるものです。

広告や宣伝をする内容が記載されるメルマガは「特定電子メール」にあたり、
その受信を求めていないユーザーにとっては迷惑(スパム)メールになります。
そのため、特定電子メール法ではメールを送信する際のルールが定められています。

オプトイン方式
 メールの送信に同意した人にしか送信できない
オプトアウト方式
 受信者はメルマガ配信を拒否できる
表示義務
 送信責任者の氏名・名称、配信停止の手続きの案内、
 送信元の問い合わせ先を表示する

このように、メルマガなどを送る企業は、
受信者が配信を自由に拒否できるようにするため、
オプトアウトの方法を必ず明記しなければなりません。
その一つの方法としてメールに登録解除のリンクを載せることで、
受信者はそのリンクをクリックするだけで簡単に登録解除ができます。


Zoho CRMに登録された見込み客や連絡先にメールを送信し、
受信者が登録解除をすると「メール対象外(オプトアウト)」項目に
自動でチェックが入り、メールの配信停止が有効になります。
また、電話などでメール配信解除の依頼を受けた場合は、
手動でチェックを入れることで有効にできます。

動画でチェック!

関連記事

配信解除のリンクをメールテンプレートに設置する方法

Zoho CRMで配信するメールの受信者が配信登録の解除をすぐにできるようにするため、メールのテンプレートに配信解除のリンクを設置する方法をご紹介します。

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。



関連記事

項目にヒントを表示させる方法

削除できない項目を非表示にする方法

逆になった「姓」と「名」の表示順を変更する方法

PAGE TOP