差し込み文書にサブフォームを挿入する方法

差し込み文書に繰り返し項目も挿入できる!

Zoho CRMの差し込み文書とは、
文書の作成時にCRMの項目データを差し込むことができるテンプレートです。
今回は差し込み文書にサブフォームを挿入する方法をご紹介します。

サブフォームはエクセルのリストのようなもので、
データや項目の数に応じて列や行を増やすことができます。

設定方法

  1. 差し込み文書の編集画面を開く
    ※編集画面の開き方はこちら
    【参考】差し込み文書を作成する方法 (設定方法「差し込み文書の作成」1.~12.)
  2. データ項目を差し込む部分にカーソルを合わせ、
    画面左のメニューから「自動化」を選択(動画0:21
  3. 画面左にある「2.項目の管理」の「セット項目」を選択(動画0:30
  4. 「サブフォーム」欄から差し込むサブフォームを選択(動画0:34
  5. 差し込む項目にチェックを入れる(動画0:40
  6. 「Insert As」ボタンを押下(動画0:43
  7. 挿入する形式を選択(動画0:46
    ※今回は「表の行として繰り返す」を選択
  8. 「完了する」ボタンを押下(動画0:53
    ※既存のテンプレートを編集する場合は「テンプレートを更新」ボタン
  9. 「差し込みテンプレートを更新しました」とポップアップ表示されるので、
    「このタブを閉じる」ボタンを押下

(補足)差し込み文書を印刷する方法はこちらを参照してください。
 【参考】差し込み文書を作成する方法 (設定方法「差し込み文書の印刷」)

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。



関連記事

Canvas機能でレイアウトをカスタマイズする方法

パスワードを変更する方法

インポートを取り消す方法

PAGE TOP