ウェブサイトで入力した情報をCRMに自動で登録する

見込み客を獲得したり、ユーザから質問を受け付けたりする際に利用されるのが、
お問い合わせフォームです。

このお問い合わせフォームに見込み客に入力してもらいたい項目を設置し、
入力されたデータをCRMに見込み客データとして自動的に登録することができます。

CRMで作成したフォームをウェブサイトに貼り付けるだけ

CRMのフォーム作成機能でCRMの項目からフォームを作成し、
作成したフォームのソースコードをウェブサイト側に貼りつけるだけで、
入力フォームのページを作成できます。

操作方法

今回は、CRMで「お問い合わせフォーム」を作成し、
入力されるデータを「見込み客」タブに自動で登録されるように設定します。

今回の動画で設定するフォーム入力の流れ

 ①ウェブサイトで「お問い合わせ」ページ表示
      ↓
 ②見込み客が入力 → ③「お問い合わせありがとうございました」ページ表示
      ↓
 ④CRMの「見込み客」タブに登録   

  1. 画面右上の歯車マークをクリック
  2. 「設定」画面の「開発者向け情報」カテゴリーにある「webフォーム」を選択(動画0:14
  3. 「Webフォーム」画面で「フォームの作成」ボタンをクリック(動画0:19
  4. ポップアップ表示された「フォームの作成」で「フォーム名」と「タブ」を入力し、
    「作成」ボタンを押す(動画0:22
    ※「タブ」は作成するフォームで入力される情報をどのタブに入れるかを設定します。
     動画では「見込み客」タブを選択しています。
  5. デフォルトでは「会社」と「姓」が入力項目になっているので、
    画面左側に表示されるタブの項目一覧から、
    入力させたい項目をドラッグ&ドロップして追加(動画0:37
  6. 項目にカーソルを合わせると右側に表示される歯車マークをクリックし、
    ポップアップ表示される「項目の詳細」で各設定(下記の補足参照)を行い、
    「保存」ボタンを押す(動画0:53
  7. フォームが作成できたら、画面右上の「次へ」ボタンを押す(動画1:31
  8. 「フォームを設置するURL」で作成したWebフォームを設置するURLを入力(動画1:34
  9. 「移動先のページのURL」には、フォームを入力・送信後に表示するページ
    (上記流れ③のページに相当)のURLを入力(動画1:39
  10. 「担当者の割り当て」はフォーム入力した見込み客の担当者となるユーザーを選択(動画1:48
  11. 「保存」ボタンを押す(動画1:51
  12. 「組み込みのオプション」で「コードのコピー」をクリック(動画1:53
  13. コピーしたソースコードは、ウェブサイト側で作成するページの編集画面を開き、
    コードエディターにペーストしてページを作成する(動画1:56

(補足)項目の詳細設定

  • 必須項目の設定をする
    「オプション」で「必須項目にする」にチェックをいれて、「保存」ボタンを押す(動画0:54
    ※デフォルトでは「会社」と「姓」が必須項目になっています。
  • 隠し項目にし、固定値がCRMに登録されるように設定する
    動画の例では、ホームページから入力されたデータを「見込み客」タブに登録させる際、
    「見込み客のデータ元」は「ホームページ」という固定値でよいため、
    「オプション」で「隠し項目にする」にチェックをいれ、
    「初期値」は「ホームページ」を選択して「保存」ボタンを押す(動画0:58
    こうすることで、「見込み客のデータ元」は入力フォームに表示されませんが、
    CRMに固定値「ホームページ」が登録されます。
  • 項目名の変更も「項目の詳細」画面で変更することができる(動画1:24

動画でチェック!

 

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。


売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。