3,000件を超えるデータをエクスポートする方法

3,000件を超えると正しくエクスポートされない!

Zoho CRMでは、各タブのデータをそのままエクスポートすることができます。
しかし、エクスポートできるのは3,000件までです。
もし、3,000件を超えるデータをエクスポートすると、
データがランダムに選択されてエクスポートされてしまいます。

そこで今回は、タブのデータをそのままエクスポートする通常の方法に加えて、
3,000件を超える場合の方法として、
「レポート」を作成してエクスポートする方法をご紹介します。

操作方法

通常の方法(3,000件以内)

  1. 画面右上の歯車マークをクリック(動画0:13
  2. 設定画面の「データ管理」カテゴリーにある「エクスポート」を選択(動画0:16
  3. エクスポートするタブを選択(動画0:20
  4. 「エクスポートする」ボタンを押下(動画0:23

レポートを作成してエクスポートする方法

  1. 「レポート」タブを開き「レポートを作成する」ボタンを押下(動画0:40
  2. エクスポートするタブを選択(動画0:45)※今回は「連絡先」を選択
  3. 関連するデータも併せてエクスポートするには「関連タブの選択」でタブを選択(動画0:52
    ※今回は、連絡先が所属する取引先データもエクスポートするため「取引先」を選択
  4. 「続ける」ボタンを押下 (動画1:01
  5. レポートの種類を選択(動画1:03)※今回は「一覧レポート」を選択
  6. 「続ける」ボタンを押下(動画1:08
  7. 表示する項目を選択
    ・右側にある「選択した項目」欄に表示されている項目が
     レポートに出力される項目(動画1:10
    ・項目を追加するには左側の「選択できる項目」で項目を選択し
     「追加する」ボタンを押下(動画1:22
    ・項目の並び替えは枠の外側にある▲▼で変更可能(動画1:29
  8. 「続ける」ボタンを押下(動画1:34
  9. フィルターではエクスポートする条件を指定(動画1:38
    ※今回は全件エクスポートするので何も指定しない
  10. 「実行する」ボタン押下(動画1:43
  11. 作成されたレポートが表示されるので確認して問題がなければ
    「保存する」ボタンを押下(動画1:45
  12. レポートを保存するフォルダーを選択(動画1:51
  13. レポートに名前を入力(動画1:55
  14. 「保存」ボタンを押下(動画1:59) ※「概要」は任意入力
  15. 画面右上の「エクスポートする」を押下して形式を選択(動画2:01
    ※形式はExcel、CSV、PDFが選択可能

新しいバージョンの場合

  1. 「レポート」タブを開き「レポートを作成する」ボタンを押下
  2. レポートを作成したいタブを選択(動画2:06
  3. 画面右上の「続ける」ボタンを押下(動画2:15
  4. 「列」で表示されている項目がレポートに表示される項目(動画2:18
  5. 「+」ボタンを押すと選択したタブの項目が表示されるので
    必要な項目にチェック、必要ない項目のチェックをはずす(動画2:25
  6. 「完了する」ボタンを押下(動画2:33
  7. 画面右上の「保存する」ボタンを押下(動画2:33
  8. 「編集する」をクリックして「エクスポートする」を選択(動画2:36
  9. エクスポートの種類を選択(動画2:43
    ※3,000件以上データがある場合は「一覧レポート」にチェック
  10. ファイル形式を選択(動画2:47
  11. 「エクスポートする」ボタンを押下(動画2:49

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。

関連記事

カレンダーに予定を表示する方法

見込み客の追加項目を取引先・連絡先に引き継ぐ方法

テキストメールを作成する方法

PAGE TOP