チェック項目にデータをインポートする方法

チェック項目の値もインポートできる!

Zoho CRMの項目には「チェック」を入れることができる真偽値項目があります。
この項目にデータをインポートするには、
インポートデータを「TRUE」か「FALSE」にしてインポートします。

今回は「連絡先」タブにデフォルトで用意されている「メール対象外(オプトアウト)」
項目にデータをインポートしてみます。

設定方法

設定方法の解説

インポートするデータの準備として、
メール対象外(オプトアウト)項目にチェックする場合は「TRUE」、
チェックしない場合は「FALSE」を入力する(動画0:31

  1. 「連絡先」タブを開いて画面右上にある「連絡先を作成」ボタンの「▼」をクリックして
    プルダウンリストから「連絡先をインポート」を選択 (動画0:39
  2. 「ファイルから」の欄にインポートするファイルをドラッグ&ドロップするか、
    「参照」ボタンを押下してファイルをアップロード(動画0:47
  3. 「次へ」ボタンを押下(動画0:53
  4. アップロードしたファイルのデータをどのように処理するかを選択(動画0:55
    ※今回は「連絡先の新しいデータとして追加する」をチェック
  5. 既存データの更新を行う場合、
    「既存の連絡先と重複するデータをスキップする条件」を指定
  6. 既存と同じデータをインポートしない場合は
    「連絡先ID」か「メール」のいずれかを指定(動画1:17
    ※今回は新しいデータとして追加するため指定しない(「なし」を選択)
  7. 「次へ」ボタンを押下(動画1:30
  8. 「ファイルの項目」がインポートするファイルのデータで、
    「ZOHO CRMの項目」はCRMに登録されている項目(動画1:32
  9. 「ZOHO CRMの項目」が未選択、もしくは別の項目が選択されている場合、
    項目名の右側をクリックしてセットする項目を選択し直す (動画1:41
    ※今回はインポートするファイルの項目「姓」がCRM側の項目「姓」にセットされるよう選択
  10. 画面右下の「次へ」ボタンを押下(動画1:59
  11. インポート時に実行するオプションを指定(動画2:02
    指定できるオプション
    ・割り当てルール
    ・自動化とプロセス管理の処理の実行(ワークフローの実行)
    ・タスクの割り当て
    ・連絡先の登録の手順承認を有効にする
    ※今回は設定をしない
  12. 「完了する」ボタンを押下(動画2:11
  13. 「連絡先のインポート処理を開始しました。」のメッセージ画面が表示されるので、
    「OK」ボタンを押下(動画2:16
  14. インポートが完了すると画面右下に完了の通知がポップアップ表示される(動画2:18
  15. 画面の再表示をすると、データがインポートされているのが確認できる(動画2:25
  16. インポートするファイルで「メール対象外(オプトアウト)」項目に
    「TRUE」と入力したデータにはチェックが入っていることが確認できる (動画2:31

動画でチェック!

ZohoOne導入支援サービス / インプルーブにご相談下さい!

便利な仕組みであるZohoですが、導入スピードを上げるためには、
自社で悩むよりも専門で導入支援/コンサルティング/サポートをする企業を頼るのが近道です。
インプルーブでは中小企業向けにZohoOne導入支援サービスを行っています。
最初の導入支援から毎月のコンサルサポートまで行っておりますので、
お気軽にご相談ください。

売上UPに繋がる特別感のある顧客対応を実現!

MA/CRM導入&運用コンサルサポートサービス
TOKUBETU
トクベツ

下記フォームからご入力いただきますと営業からご連絡致します。

関連記事

取引先に複数の担当者を紐づける方法

商品の税率を設定する方法

重複したデータを登録させない方法

PAGE TOP