端末のカメラで名刺をすばやく CRM に登録できる

名刺スキャンアプリ「Card Scanner」を使用して、端末のカメラで名刺から見込み客タブへ登録ができます。

Card Scannerは、Zoho から出ている名刺スキャンアプリです。スマートフォン(iPhone/Android)やタブレット端末で利用でき、OCR 処理をした上で Zoho CRM だけでなく端末の連絡先や Google 連絡先など、ご利用中のツールにも名刺情報を登録できます。

実際に操作してみましょう

① Card Scanner アプリをインストールします。

 Card Scanner のカメラを起動し、右下の歯車マーク(設定)をクリックします。

 次に「Zoho」を選択し、サインインします。

 言語の選択画面で「日本語」を選択します。

 *一緒にチェックが入っている「英語」はチェックを外せないので結果2つの言語にチェックが入ることになります。

  名刺をスキャン後に登録したい見込み客タブ、連絡先タブを選択します。

 これで準備完了です!

② 名刺を撮影してスキャンします。

 裏面もありましたら撮影スキャンします。自動で名刺の枠を感知し、撮影されます。

③ 正しく読み込めているかを確認して、「次へ」を押します。

 この時に文字を誤認識していたら手動で編集します。

 ここでは「インプ」レーブ」となっているので正しく「インプルーブ」に編集します。

④ 保存先を選択して「Save」します。

 保存先は「見込み客」と「連絡先」です。

ポイント

・Card Scanner にも連絡先が登録されます。保存できる名刺の数に限りはありません!
・Card Scanner は Zoho CRM のどのプランにも対応しています!

CRM の見込み客タブに保存されたか確認してみましょう。

手入力ではなく、Scannerで読み込めるものは自動で読み込むことで作業の負担を減らしましょう!

名刺スキャンアプリ「Card Scanner」とは

獲得した名刺をその場でスキャンし、Zoho CRM の見込み客として登録することで、
商談・受注につながった見込み客の情報をレポートに作成するなど、活動の成果を可視化し今後の活動につなげられます。

詳しくはこちら

Zoho CRM に「Card Scanner」でデジタル化した名刺情報を登録してどんどん顧客アプローチ!

CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら