問い合わせをしてきた見込み客は有望?

ほとんどの企業が自社サイトに問い合わせフォームを設置しています。

サイトの訪問者からすると、内容を閲覧してもう少し詳しく知りたいと思ったら、サイトにある「問い合わせ」や「資料請求」ボタンをクリックして直接聞くことができる、いわば窓口になります。

企業側からすると、問い合わせや資料請求をしてくれるサイト訪問者は、自社の商品やサービスに興味を持ってくれる有望な見込み客になってくれるかもしれません。したがって、問い合わせに回答したり資料を送付してそれで終わりというのでは、好機を逃してしまう可能性があります。

そこで、多くのサイトは問い合わせや資料請求をすると、企業名と氏名に加え、電話番号やメールアドレスなどの連絡先の情報を入力するフォームを設置して、見込み客の情報を獲得できるようにしています。

少なくとも、メールアドレスさえ分かれば見込み客に直接情報を届けることができ、メルマガを配信するなど見込み客と繋がり育成することができます。

WEBフォームに入力してもらうには?

では、サイト訪問者にフォーム入力を促すには、どうすればいいでしょうか?

  • 商品やサービスの概要を紹介し、詳細は問い合わせや資料請求をしてもらう
  • 豆知識やお役立ち情報の一部を掲載し、続きを読みたいと思わせる
  • 定期購読したいと思わせるメルマガを配信する
  • 読みたいと思わせるホワイトペーパーを用意する
  • 視聴したいと思わせる動画やウェビナーを用意する

など、見込み客に興味を持ってもらえるような工夫をして、WEBフォームに誘導します。

フォームで入力された情報を見込み客リストに加える

サイトの訪問者が問い合わせや資料請求のフォームに入力して登録をすると、たいていは担当者にメールなどで連絡がいくようになっており、担当者はその入力情報を元に見込み客リストへ追加します。その場合、以下のような問題があると考えられます。

  • メールが届く度に転記しなければならず面倒
  • 手作業なので転記ミスが発生する可能性がある
  • 他のメールに埋もれてしまい転記漏れになる可能性がある

もし、問い合わせや資料請求をしてくれた見込み客にお礼のメールを送ろうとしても、こうした転記作業などが必要ですぐに送れないかもしれません。しかし、こうしたお礼メールは時間が経ってしまってから届いてもあまり好印象ではなく、送るタイミングが重要です。

WEBフォームとCRMを連携する

CRMで顧客管理をしている場合、WEBフォームとCRMを連携させることができます。具体的には、WEBフォームに設置する企業名などの項目とCRMの項目を合わせておき、WEBフォームで登録されると、入力された項目が自動的にCRMの見込み客データに追加されます。同時に担当者には登録があったことをメールで知らせ、見込み客にはお礼メールを自動送信することもできます。

メールを見た担当者がCRMを確認した時には、見込み客のデータが入力漏れやミスなく登録されており、お礼メールも送付され、すでに営業アプローチが開始されています。その後、メルマガを配信するなどして接点を保ちながら確度の高い見込み客に育成していくこともできます。

問い合わせフォームのイメージ
Zoho CRM 見込み客リストのイメージ

※入力された項目がCRMに登録されたイメージに画像を変更する予定

WEBフォームとCRMを連携してすぐにアプローチ開始!

TOKUBETU ~ Zoho One 導入支援 ~

トクベツチームが強力にあなたの会社をサポートします。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ&資料ダウンロード