CRM のマーケティングオートメーション(MA)機能とは

顧客情報を収集する CRM のデータベースは、マーケティング活動にも利用することができます。CRM に登録された顧客の基礎情報に対し、メールによるアプローチや Web サイトへのアクセス履歴などを蓄積し、商談につなげるために効果的なアプローチプランを立て、それを実行する活動も自動化することが可能です。

また、リード獲得のために実施された施策を管理し、各施策で獲得した顧客の特定、必要コスト、オンラインでの顧客の反応履歴などを記録し、この販売関連データが実際の販売成績にどの程度貢献しているのか、商談化率、ROI(費用対効果)を含む活動分析データも自動的に集計できます。

昨今、多くのマーケティングツールで、マーケティング施策の管理やナーチャリング(育成)の各工程での成果推移の分析が可能ですが、Zoho CRM のマーケティングでは、販売データや直接対応した営業担当者の活動結果に基づく分析と活動管理が行えます。

CRM のマーケティングオートメーション機能を利用するメリット

販売成績への正確な貢献度を可視化

通常のマーケティングでは問い合わせや資料請求などのアクションをコンバージョン(成果)として効果測定を行いますが、Zoho CRM を利用すれば、さらに販売成績への貢献に対する施策の効果を分析することができます。これにより、マーケティング施策への投資に対する売り上げへの貢献度を ROI として可視化することが可能です。

リード獲得から初動アプローチを開始するまでのリードタイムを短縮

Zoho CRM では、問い合わせの内容に応じて、自動送信されるメールの内容を選定するようにあらかじめ設定することができます。獲得したリードへの対応が自動化されれば、顧客の待ち時間が大幅に短縮されます。

獲得したリードを興味関心レベルに応じて分類

獲得リードに対してやみくもにアプローチを実施しても、成約率は低くなり、効率的な活動ができません。効率的なアプローチを実施するためには、興味関心レベルの高い良質なリードの見極が必要です。 Zoho CRM では、メールへの反応や Web サイトへのアクセス履歴など、オンラインでの顧客の反応を蓄積し、顧客動向に対してスコアを付けるスコアリングが行えます。これにより、優先的にアプローチすべき顧客を抽出し、効率的なアプローチ活動が行えるようになります。

目標達成への活動状況と成果を把握しながら活動が可能

各施策の成果が自動的に CRM に蓄積されるため、これらのデータをもとにレポートを作成することが可能です。さらに、各施策の KPI(重要業績評価指標)を設定し、その達成状況をグラフ化することも可能です。

Zoho CRM のマーケティングオートメーション機能

Zoho CRM では、マーケティングオートメーション機能が充実しています。リード情報の収集・分類から獲得したリードのナーチャリング、マーケティング施策の管理・分析に至るまで豊富な機能でマーケティング活動をサポートします。

リード情報の収集と分類機能

Zoho CRM は、リード情報の収集と分類機能を備え、展示会やWebサイトなど、さまざまな経路から獲得したリード情報をスムーズに蓄積します。また、獲得したリード情報を商品や地域、獲得経路などの属性別に分類、スコアリングしたり、メールへの反応やWebサイトへのアクセスなど行動別にスコアリングし、その後のナーチャリングアプローチに活かすこともできます。

リードのナーチャリング機能

リードのナーチャリング(育成)機能は、獲得したリードへのアプローチに多いに役立ちます。収集したそれぞれのリードに対して適切なアプローチを自動的に実行し、スムーズかつミスのないナーチャリング活動を実現できます。




マーケティング施策の管理と分析機能

Zoho CRM のマーケティング施策の管理と分析機能を活用し、実施したマーケティング施策への投資コストやタスクなどの活動を管理しながら、獲得したリード数や各施策の売上への貢献などの成果を自動的に集計できます。




CRM導入支援サービス お問い合わせ

下記フォームからご入力いただくと営業からご連絡致します。

お問い合わせはこちら